Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナへの危機意識が高すぎて退職。友人との関係もギクシャク?!

配信

女子SPA!

危機意識の低い友人たちにイライラ

 これだけ聞くと、枝利奈さんが会社の対応に不満を感じ、辞職を決断したことも納得できます。ところが、その高い危機意識はここから暴走。その矛先は周囲の友人たちに向けられます。 「LINEで友達たちとやりとりしていたら、緊急事態宣言後も犬の散歩やジョギングで毎日外に出ていると話していたので、今は控えたほうがいいと伝えました。でも、彼女は『どっちも自粛の対象になってないよ』と反論したんです。それで少し言い合いになってしまい、ついカッとなってしまって、危機意識が低すぎる!と言ってしまったんです。  やりとりを見ていたほかの友達からは、『あれはちょっと言いすぎだよ』『謝ったほうがいいよ』ってメッセージが届きましたが、自分は悪くないのにどうして責められなきゃいけないのかと思って返事しませんでした」  ですが、その日を境にグループLINEへのメッセージはパタっと止んでしまったとのこと。枝利奈さんが投稿しても既読スルーがつくだけだったといいます。

グループLINEから仲間外れにされた

「友達のひとりが後で教えてくれましたが、私と口論になったコが別のグループLINEを作っていたんです。当然、私はそのメンバーには入ってませんし、今も招待されていません。  確かに、ちょっと言い過ぎたかもしれませんけど、悪いのは私を除け者にした彼女のほうです。自粛警察みたいなヘンな正義感を振りかざしたわけじゃなくて、本当に心配だから言っただけだったのに……」  いろんなことを我慢し、自粛していたとしても個人差があります。特に今は緊急事態宣言が解除され、それはよりハッキリとしてきています。自分の考えを押し付けたり、相手を批判するような言い方は、人間関係にヒビが入りかねませんのでご注意を。 <文/トシタカマサ> 【トシタカマサ】 一般男女のスカッと話やトンデモエピソードが大好物で、日夜収集に励んでいる。4年前から東京と地方の二拠点生活を満喫中。

女子SPA!

【関連記事】