Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナへの危機意識が高すぎて退職。友人との関係もギクシャク?!

配信

女子SPA!

 緊急事態宣言が解除されて、各地では以前のような通勤風景が戻りつつありますが、その一方でリモートワークや時間差出勤など継続して行っている企業もあります。  しかし、その一方でこれといった対策を取らず、緊急事態宣言中も社員を出勤させていた会社も。  栗田枝利奈さん(仮名・28歳/無職)は、4月までコールセンターでオペレーターの仕事をしていましたが、三密状態の職場で仕事を続けることにリスクを感じて辞めてしまったそうです。

コロナ対策を取らない職場に嫌気が差して退職

「先輩オペレーターや同僚らと現場責任者の方に『なんとかしてほしい!』と何度も訴えましたが、仕事中のマスク着用は認められず、隣や向かいの席のオペレーターとの間のパーテーション設置もしてもらえませんでした。  仕事柄、業務中は問い合わせのお客さん相手にほぼ喋りっぱなしで、職場は飛沫だらけだと思うんです。職場はビルの構造上、窓を開けることはできませんし、部屋の入口のドアも個人情報保護を理由に閉まったまま。入室時にはIDカードをタッチして空けていましたが、最初は除菌スプレーすら置いておらず、みんな自分で買ってきた除菌グッズで消毒を行っていました」  実際、韓国のコールセンターでは100人規模のクラスターが発生。国内でも東京や京都、札幌のコールセンターでは、複数の感染者が確認されています。 「3月に大手通信会社のコールセンターでクラスターが発生したことを知って、自分たちがいつ感染してもおかしくないと思いました。そうした状況の中、休業してメール対応のみに切り替えていたコールセンターが増えていたことは知ってましたけど、私がいた会社は緊急事態宣言が出た後も業務を続けていました。  業務委託で他社のコールセンター業務を請け負っているため、すぐに休業することができなかったのかもしれません。けど、だからといってオペレーターの身を危険にさらしていいわけじゃないですか。上司に何度訴えても何も変わらず、それどころかあからさまに嫌そうな態度を取られたので辞表を提出。余っていた有休を消化して4月いっぱいで退社しました」

【関連記事】