Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

松本のキャプテン、田中隼磨が右膝外側半月板損傷で離脱…全治期間は不明

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER DIGEST Web

チーム内唯一の地元出身者でA代表経験者

 松本山雅FCは8月14日、クラブの公式ホームページで所属するDF田中隼磨の負傷を発表。松本市内の病院で検査を受け、右膝外側半月板損傷と診断された。全治期間は不明で、今後の経過を見て報告するという。  2001年に横浜F・マリノスでJリーグデビューを飾った38歳のDFは、その後移籍した名古屋グランパスを経て2014年に松本に加入。チーム内唯一の地元出身者にしてA代表経験者で、最年長ながら豊富な運動量をもって右サイドを支えていた。  今季もキャプテンとしてここまでJ2リーグ9試合に出場し、チーム内5番目となる716分間プレーしている。8月8日の第10節・ジュビロ磐田戦でも先発出場を果たしたものの、ハーフタイムで交代。続く12日の11節・ジェフ千葉戦はメンバー外となっていた。  11節終了時点で松本は勝点9で19位。現在5連敗中のチームにとって、田中の離脱は戦力的にも精神的にも小さくない痛手となりそうだ。 構成●サッカーダイジェストWeb編集部  

【関連記事】