Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

石川遼13位浮上「どんどん難しくなれ」初Vへ貪欲/国内男子

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サンケイスポーツ

 日本オープン選手権第2日(16日、千葉・紫CCすみれC=7317ヤード、パー70)大会初優勝を目指す石川遼(29)=CASIO=は63位から5バーディー、2ボギーの67をマーク。通算イーブンパーで首位と5打差の13位に浮上した。今大会がプロデビュー戦の金谷拓実(22)=東北福祉大4年=は6バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの69で回り、通算1オーバーの19位で予選を通過した。  石川はミドルパットが好調だった。インスタートの16番(パー4)で6メートル、最終9番(パー4)ではピン右上から3メートルを決めていずれもバーディー。通算イーブンパーまで戻し、決勝ラウンドに望みをつないだ。過去10度出場で2008、09年大会の2位が最高。「前半からいいゴルフができていた。(コンディションが)難しいと順位が動く。どんどん難しくなってほしい」と貪欲だった。

【関連記事】