Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

デビュー40周年佐野元春 1980年代前半の楽曲を振り返る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rolling Stone Japan

日本の音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出していく。2020年9月の特集は、佐野元春40周年。1週目となる今回は、1980年代前半の佐野元春の作品や背景を、佐野元春本人と共に語っていく。 佐野元春とともに1980年代前半の楽曲を振り返る 田家秀樹(以下、田家):こんばんは。FM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」案内人、田家秀樹です。J-POPの歴史の中のさまざまな伝説を紐解いていこうという60分です。伝説のアーティスト、伝説のアルバム、伝説のライブ、そして伝説のムーブメント。1つのテーマ、1人のアーティストを、1ヵ月に渡って特集しようという、最近のラジオの中では贅沢な時間の使い方をしております。当時をご存知の方には懐かしく、ご存知ない方たちには発見に満ちている、そんな時間、そんな場所になればと思っております。 2020年9月の特集は「佐野元春」。ポップミュージックというのは時代を映す鏡ですね。世の中の動向、若者たちの生活、テクノロジーを含む環境の変化。いろいろなものを反映します。1980年代の前半に佐野さんの「SOMEDAY」が愛唱歌だと言っていた作家の村上龍さんは、ポップの波打ち際という言葉を使っておりました。1970年代のルー・リードの名曲に「ワイルド・サイドを歩け」という歌がありました。彼の言葉を借りればワイルド・サイドでしょう。音楽と時代が交差する最前線をずっと歩いてこられたのが佐野元春さん。彼が求めてきたこと、夢見てきたこと、抗ってきたこと、傷ついてきたこと、そして守ろうとしてきたもの。それが一体どんなものだったのか? 今その頃をどう思っているのか? 

自分を舞い上がらせる日本語のポップロック音楽がなかった

今月は、10月7日にリリースされる佐野元春さんの『MOTOHARU SANO GREATEST SONGS COLLECTION 1980 - 2004』と、『THE ESSENTIAL TRACKS MOTOHARU SANO & THE COYOTE BAND 2005 - 2020』を中心に、改めてそんなお話をお訊きできたらという1ヶ月です。ファンの方からしたらおさらい編でしょう。この曲から彼の歴史が始まりました。1980年3月21日発売、「アンジェリーナ」です。 田家:というわけで、デビュー40周年の佐野元春さんです。こんばんは。 佐野元春(以下、佐野):こんばんは。よろしくお願いします。 田家:40周年ということで日々忙しそうですね。 佐野:そうですね。ただちょっと、肩透かしを喰らったようなアニバーサリーイヤーですね。 田家:改めて40周年を辿ってみたいと思っているのですが、実は先日、東京のFM局の開局記念番組の生放送に呼ばれて「ポップスとラジオ」というテーマでお話していたんです。その中で佐野さんはラジオのディレクターだったということに触れたら、Twitterでリアクションがかなりあったんですよ。まずはラジオのディレクターをやっていて、そこからプロのミュージシャンになったという時のことについてお訊かせください。 佐野:自分のことを舞い上がらせるような日本語のポップロック音楽がなかった。だったら自分で作ろうということでやってみました。 田家:その時にはどれくらいの覚悟が必要だったんですか? 佐野:米国の知人のDJが「今曲を書いてるんだったら、今唄った方がいいよ」っていうアドバイスをしてくれて。それもそうだなって思った。帰国してからレーベルと契約しました。 田家:佐野さんが、アメリカで出会ったミュージシャンが「西海岸でダメで東海岸でやり直すんだ」と言っていた話を聞いて、人生はやり直せるんだっていうことに気づかされて日本に帰ってこられたという話もありました。 佐野:当時は十分若かった。とにかくやってみたいことはなんでもやるぞと思っていた。 田家:デビューアルバム『BACK TO THE STREET』というタイトルは、色々なレコード会社に持ち込んだりしている中でもうあったんですか? 佐野:そうだね。何か気の利いたタイトルを、と思い『BACK TO THE STREET』。テーマでもあるし、メッセージでもあった。 田家:曲はもう全部揃っていて、デビューアルバムを飾るにふさわしい自信があった? 佐野:楽しんでもらえるかなっていう自信はあった。ライブでは全国どこの会場も満員でいい感じだったから。 田家:そのデビューアルバムの中にこういう曲があったのも新たな発見ではないでしょうか。デビュー・アルバム『BACK TO THE STREET』から「情けない週末」。

【関連記事】