Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナが収束したら、あなたが「また会いたい人」は誰ですか?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
アーバン ライフ メトロ

会えなくなって初めて気づいたこともある

 ちょうど3週間ほど前、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「緊急事態宣言」が東京などに発令された10日後の2020年4月17日(金)。アーバンライフメトロでは「新型コロナが収束したら、あなたが『また行きたい場所』はどこですか?」と題した記事を配信しました。 【画像】母へ、息子へ……切なる言葉が胸を打つ「日本一短い手紙」  タイトルの問い掛けにさまざまな反応があり、ヤフーニュースの配信ページには179件ものコメントが並びました。 「子どもをディズニーランドに連れて行ってあげたい」 「また富士山が見たい」 「旅行とか贅沢(ぜいたく)はいい。行きつけの居酒屋さんで、ゆっくり飲みたい」  遠く海外の観光地から、いつも通っていた飲食店までーー。  行きたいのに行くことがかなわない場所があるもどかしさと、以前のような日常を取り戻したいという思いを抱きつつ、多くの人が2020年のゴールデンウイークを自宅で過ごしたことでしょう。

行きたい場所とは、会いたい人がいる場所

 さまざまな声が並ぶコメント欄には、「『また行きたい場所』ではないけれど、」という断り書きが添えられた、また違う形の望みをつづった書き込みもありました。  それは、コロナが収束したら「また会いたい人」についてです。 「会えなくなった人に会いたい」 「大好きな友達とコーヒーを飲みたい」 「彼氏に会いに行きたい」 「100歳の祖母に会いたい」  また行きたい場所とはつまり、また会いたい人がいる場所でもあります。さまざま寄せられた中には、離れて暮らす「母」への思いも数多くありました。

ごめんね母さん……日本一短い母への手紙

 福井県丸岡町が1993(平成5)年に行った「第1回一筆啓上賞 日本一短い『母』への手紙」には、日本全国・海外から合わせて3万2236通の応募が寄せられたといいます。 「私、母親似でブス。」娘が笑って言うの。 私、同じ事泣いて言ったのに。 ごめんねお母さん。 (田口信子さん。38歳、群馬県)  一筆啓上賞(郵政大臣賞)10編のひとつに選ばれた女性の言葉に、幼い頃のいさかいや仲直りの日を思い出して胸を熱くする人もあるかもしれません。  来る5月10日(日)は「母の日」。女性のような「ごめんねお母さん」も、「ありがとうお母さん」も、例年以上に言葉や形にして思いを伝えたい2020年です。

【関連記事】