Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【Road to ONE】青木真也、江藤に完勝で秋山成勲戦アピールか

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
イーファイト

Road to ONE 実行委員会 『Road to ONE 3rd:TOKYO FIGHT NIGHT』 2020年9月10日(木)東京・Shibuya O-EAST 【フォト】青木が江藤を押さえつけ、ヒジを見舞う瞬間 ▼メインイベント(第6試合) ライト級 5分3R 〇青木真也(EVOLVE MMA) 判定3-0 ●江藤公洋(和術慧舟會HEARTS)  青木は、元ONE世界ライト級王者で、これまでPRIDE、DREAM、RIZIN、ONEとMMAの第一線で活躍してきた。グラップリングを得意とする。MMAとしては、昨年10月の日本大会でホノリオ・バナリオと対戦して、一本勝ちを収めて以来の試合となる。今年に入ってからは、4月の『Road to ONE』のグラップリングマッチで世羅智茂と引き分けている。  対する江藤は、レスリングでインターハイ優勝の実績を引っ提げ、総合格闘技に転向して13年にプロデビュー。DEEPを主戦場としていたが、ONE Championshipが開催する「人材発掘」リーグ『ONE WARRIOR SERIES』にチャレンジ。初戦こそ敗れたが、その後3連勝して19年7月にONE本戦に昇格。本戦デビューでは敗れたが、今年2月にシンガポールの英雄と言われるアミール・カーンを相手に、わずか99秒でリアネイキッドチョークを極めて、本戦初勝利を掴んだ。  1R、青木が足を絡めるようにして江藤をテイクダウン。そのままバックに付くとスリーパーを狙う。4の字フックでガッチリとポジションを固めた青木はヒジ、パウンドで江藤を追い詰める。  2R、開始早々、両者が見合う中で江藤が右の飛びヒザ蹴りを放つ。そのまま青木のバックに付いたが、ダメージを感じさせることなく青木は江藤をテイクダウンしてバックを奪う。江藤は防戦一方で何もさせてもらえない。  3R、このラウンドも青木がタックルを仕掛けてテイクダウンするとバックを制す。4の字フックで固めてこつこつとパウンドで江藤を追い込む。最後は青木がバックからしっかり抑え込む形のまま試合終了。  判定で勝利した青木は「日本の格闘技を盛り上げようと言うなら俺がここで試合をするのはおかしいだろ? 俺は5年ぶりにさいたまスーパーアリーナで試合をしたいんだ。偉そうな立場で格闘技を盛り上げたいというんだったら、このカードを実現させてみろよ」と言ってマイクを叩きつけると、会場のビジョンには観戦に訪れていた秋山成勲の姿が! これは何を意味するのか。  青木は2008年に、当時参戦していた『DREAM』で秋山に対戦アピールも、実現することはなかった。  それから約12年を経た今年2月、秋山が出場したシンガポール大会でABEMAでの解説を務めた青木が「秋山さん仕上がってますね。(肌の)色も黒くなっていて、僕は白いからリング上で対峙したらオセロみたくて面白いんじゃないかな。いつかリング上で対峙できることがあったら宜しくお願いします」と呼びかけたところ、秋山も「そういう未来があったら嬉しいと思います」と返答していた。青木の今後の動向に注目が集まる。

【関連記事】