Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新たな流行!? 海外で「牛とのハグ」にハマる人が続出

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
コスモポリタン

「アニマルセラピー」と聞くと犬や猫を思い浮かべる人が多いと思いますが、海外では今、牛をハグする「Cow hugging(カウ・ハギング)」というセラピーが注目を集めているのだとか。 【写真】牛とハグする「カウ・ハギング」を楽しむ人々の様子 <BBC>によると、このセラピーは10年以上前にオランダの地方から始まったもので、現地では「koe knuffelen」と呼ばれているそう。それがスイスなどのヨーロッパ諸国でも人気となり、近年はアメリカでも広まりを見せているとのこと。 セッションの内容は、カウ・ハギングのツアーを提供している農場へ行き、2~3時間牛と触れ合って過ごすというもの。牛の大きな体や、温かな体温を感じ、ゆったりとした心拍音を聴くことで、ストレス緩和や不安を軽減するなどの癒し効果が得られるそう。 オランダで農場を営み、訪問者におよそ14年間カウ・ハギングを提供しているというエリスさんは、牛もそれぞれ性格が違うため、中にはカウ・ハギングに不向きな牛もいると解説。 一方で「うちの農場にはカウ・ハギングにぴったりの牛たちがいるので、隣に横たわって過ごせますよ。(実践した人は)とてもリラックスできるみたいです」と語っています。 また、こうした触れ合いは、牛にとってもリラックス効果があるという説が。2007年に学術誌『Applied Animal Behaviour Science』に掲載された論文によると、首や背中上部を撫でられた牛は、深いリラクゼーションのサインを見せたと記されているのだとか。 自然の空気に触れながら、牛とまったりと過ごす数時間は、想像するだけでも心地良さそう。日本でも機会があれば、ぜひ試してみたいですね。

【関連記事】