Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

イベント中止、払い戻しに「行き場のない」思い…コンビニ店員の「救いの声」漫画に「私だけじゃなかった」

配信

withnews

 新型コロナウイルスの影響で、この数ヶ月に予定されていた多くのライブ、演劇、イベントの中止が発表されました。どれだけ楽しみに生活してきたといっても、この情勢ならば「仕方ない」と思う他ありません。行き場のない気持ちが、心に残っている人は多いはず……。チケットの払い戻しに訪れたコンビニで出会った、店員さんとのやりとりを描いた漫画がツイッターで話題です。悲しみを共有する大切さに、共感の声が集まっています。(朝日新聞デジタル編集部・野口みな子) 【マンガ本編はこちら】イベント中止、払い戻しに「行き場ない」思い…コンビニ店員がくれた「救いの言葉」

払い戻し「いっぱいあってすみません」に店員さんは…

 「今日チケットの払い戻しをしてきたときの事です」というコメントとともに、SORさん(@SOR976)がツイッターに投稿したのは、コンビニでの出来事を描いた漫画です。  コンビニの端末で、無表情で「払い戻し」のボタンを押すSORさん。購入していた何公演分もの用紙を手に、レジに並びます。  レジで「いっぱいあってすみません」と謝るSORさんに、店員さんは「いえいえ」と笑顔。しかし、ふと用紙に目を落とし、こうつぶやきます。  「こんなに…いっぱいあったのに なくなっちゃったの悲しいですよね…」  不意に店員さんの優しさに触れ、言葉が出てこなかったSORさん。この出来事を「彼女にとっては ただの間を持たせるだけの会話だったのかもしれない…」と振り返ります。  「でも… 一緒に『悲しい』を共有できた事で 何だか少しだけ救われた気がするのです」  ツイートには自身の経験を重ねて、「虚無感を抱えていたのは私だけじゃなかった」「これは泣いてしまう」などのコメントが寄せられ、2万件以上の「いいね」も集まっています。

中止決定に「足元が崩れるような喪失感」

 特撮が好きというSORさんが楽しみにしていたのは、スーパー戦隊シリーズの「騎士竜戦隊リュウソウジャー」の公演「ファイナルライブツアー(FLT)」。4月に予定されていた名古屋公演3公演、大阪公演2公演の計5公演を鑑賞するはずでした。  そんな公演を前にして起こったのが、新型コロナウイルスの感染拡大です。2月頃からさまざまなイベントやライブが中止・延期を発表。SORさんはこうした状況からも、「公演は中止されるだろうな、と思っていました」といいます。しかし心構えをしていても、実際のショックは大きなものでした。  「『中止決定』と公式からアナウンスがあった時は、頭では分かっていましたし納得もしていたのですが、足元が崩れるような喪失感がありました」  チケットの払い戻しができるようになっても、SORさんはずっとためらっていました。「中止ということは分かっているのですが、『払い戻しをしてしまったら本当に私の中でリュウソウジャーのFLTが終わってしまう』という感じがしてしまい、できませんでした」  状況を理解することと、自分の心と折り合いをつけるのはまた別の作業です。公演が「『なかったこと』になってしまうのが嫌だった」と、結局払い戻しをすることにしたのは、期限のギリギリになってからでした。

【関連記事】