Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<北朝鮮報告for Pro>制裁にコロナ禍…経済はどうなっているのか(4)6~8割を搾取か 女性派遣労働者の実態を調査 石丸次郎

記事提供終了日:

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
アジアプレス・ネットワーク
<北朝鮮報告for Pro>制裁にコロナ禍…経済はどうなっているのか(4)6~8割を搾取か 女性派遣労働者の実態を調査 石丸次郎

延吉市内のホテルの宴会場で給仕係として働く北朝鮮女性。この日は朝鮮族の結婚式だった。胸には北朝鮮国旗をあしらったバッジが。2017年10月撮影石丸次郎

米国務省は2019年の報告書で、北朝鮮が約10万人の労働者を派遣して年5億ドル(約550億円)を得ていると発表した。事実だとすれば、激減した貿易収入を補う貴重な外貨稼ぎ源である。もちろん、労働者派遣は国連安保理の経済制裁に違反する。最大の派遣先は中国。ほぼすべてが女性で、工場や飲食サービス業に従事している。現地でその実態を調べた。また、北朝鮮国内では、女性たちはどのような手続きを経て選抜されるのか、国内の取材協力者と共に調査した。 ■中国への労働者派遣の概要 まず、海外への労働者派遣に関連する安保理制裁についておさらいしておこう。 ・各国に、2年以内に北朝鮮労働者全員の送還を義務づけ(2017年12月の決議2379号)。 ・北朝鮮労働者に就労許可を与えることを禁止(2017年9月の決議2375号)。 ・北朝鮮の団体や個人との間で設立された合弁会社や共同事業体の活動を禁止し、決議採択から120日以内の閉鎖(同上)。 労働者派遣の規模であるが、米国務省は約10万人を派遣し年5億ドル(約550億円)を得ていると推定している(2019年報告書)。民間団体の評価は3万~12万人とばらつきがあるが、韓国メディアの報道を総合すると5万~10万人程度ではないか。主たる派遣先は中国、次いでロシアだ。ここでは中国について見ていく。 就業先は、衣類や靴などの縫製・製造工場、水産物加工、サービス業が主だ。吉林省、遼寧省でいくつかの中国企業を取材したところ、2017-2019年の中国企業が支払う1カ月の賃金は、縫製工場で2000~2500元、食堂サービス業で2500~3000元程度(1元は約15円/2020年3月)だった。中国で働く北朝鮮労働者は、ほとんどが女性である。IT企業でソフトウェア開発に従事する人などには男性もいる。ちなみにロシアの場合は、食堂などのサービス業で女性が働いているが、大半は建設や内装工事に従事する男性だ。 それでは、北朝鮮政権は中国への労働者派遣でどれぐらいの金額を得ているのだろうか? 

本文:4,468文字

写真:4
  • 丹東市内の北朝鮮レストランのショー。女性たちは舞台以外に食事のサーブ、掃除もこなす。実によく働く。2016年5月に撮影アジアプレス
  • 朝中国境地図 製作アジアプレス
  • 朝中合弁ホテルで中国最大だった瀋陽市の七宝ホテルは2018年1月に閉鎖された。写真は閉鎖3カ月前の2017年10月に撮影・石丸次郎

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

アジアプレス・ネットワーク2020/11/27(金)に本サービスの提供を終了いたします。
終了後、本記事は削除されます。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込110
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

アジアプレス・ネットワークの有料記事

PayPay残高使えます