Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

台湾で鉄道と温泉の文化に浸る

配信

47NEWS

 【汐留鉄道倶楽部】台湾の台北市中心部から台北捷運(MRT、地下鉄)で30分ほどにある、新北投駅に電車が着くと、ほのかに硫黄のにおいがただよい、温泉街に来たという期待が高まる。駅前では足湯ならぬ「手湯」があり、観光客が熱い温泉に手を浸して、温泉気分を味わっている。  MRT淡水線、北投駅から新北投駅をつなぐ「新北投支線」は1.2キロ、わずか5分ほどの区間だが、「台北の奥座敷」北投温泉への足として人気だ。  北投温泉は日本統治時代の19世紀末、日本人により開発された。1913年には「北投温泉公共浴場」が建設されるなど、台北郊外の保養地として人気が高まった。MRT の前身となる鉄道は湯治客の増加を受けて、旧淡水線の北投駅から延長する形で16年に開通、「浴場線」と呼ばれ、温泉客の足として戦後も運営された。  だが88年、台北の都市化によるMRT建設に伴い、台鉄(台湾鉄路管理局)が運行した旧淡水線は廃止とった。レンガ造りの公共浴場も荒廃が進み、取り壊しの危機にあったが、地元住民が熱心な保存活動を行った結果、修復され「北投温泉博物館」として98年にオープン、北投温泉の歴史を学べる貴重な施設となっている。

 現在の新北投支線が開通したのは97年、住宅街をゆっくりと進む3両編成の電車はラッピングがされ、車内も1両ごとに異なる内装がされた観光列車となっている。うち1両は木目調の内装で、風呂桶を模したテーブルに温泉情報や地図を表示するディスプレイがあり、別の車両では「くまモン」のようなキャラクターと記念撮影をすることができる。  新北投駅を出て、すぐ近くの七星公園に向かった。公園内にはかつての新北投駅舎が保存されている。この木造駅舎は開通当時のもので、旧鉄道廃止時に解体され、台湾の別の場所で展示されていたが、台北市や市民の強い要望で「里帰り」し、2017年に観光施設「百年驛站」としてオープンした。  駅舎は100年の歴史を経たとは思えないほど、美しく修復され、内部は鉄道関連資料の展示や、絵葉書、かつての硬券のレプリカなどさまざまなお土産が売られている。  日本の鉄道ファンに嬉しいのは、駅舎のすぐ横にある、かつて淡水線で使われた客車が静態保存されていることだ。昔の鉄道駅のような、古レール屋根のようなホームに停まっている、この「TP32850」型客車は1969年に日本から輸入した50両のうちの1両で、青色の塗装はかつて日本各地で見られた旧型客車そのものだが、車両の両端ではなく、中間部にドアが付いているのは台湾向け仕様だったのだろう。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS