Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

メルセデス・ベンツGクラスに通常選択不可の車体色を設定した特別仕様車登場

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

上質感がグッと高まったレアカラーな1台

 メルセデス・ベンツ日本は、ラグジュアリーと本格的なオフロード走破性能を兼ね備えたSUV「Gクラス」に、通常は設定のない特別なボディカラーを身に纏った特別仕様車「manufaktur Edition(マヌファクトゥーア エディション)」を発売すると発表した。予約注文がスタートしており、納車開始は2020年8月以降を予定している。 【写真】G63は存在感バツグンのマットカラー!  Gクラスは初代が1979年に登場し、本格的な悪路走破性能などが親しまれてきた伝統あるモデル。現行モデルは2018年6月に登場し、伝統あるスタイリングを受け継ぎながら、最新技術や安全装備などを融合させている。  今回の特別仕様車は、G350d(1549万円/税込み)とメルセデスAMG G63(2480万円/税込み)の2モデルに用意された。G350dは、通常、カタログモデルでは選択できないボディカラーであるダイヤモンドホワイトとジュピターレッドの2色を設定。  ドアミラーや前後スカート、ホイールアーチやルーフトップなどをブラックでペイントし、スタイリッシュさを演出する。また、ヘッドライトやフロントウインカー、リヤコンビネーションランプをスモーク塗装としたことで、引き締まった印象に。  そして、足もとにはブラックペイントが施された20インチのAMGマルチスポークアルミホイールを組み合わせて、精悍な雰囲気に磨きをかけている。  インテリアも抜かりはない。上質かつ滑らかな手触りが特徴のナッパレザーシートに、蒸れを防ぐ前席シートベンチレーター&リラクゼーション機能といった快適装備を採用。もちろん、インテリアも通常は設定のないブラックアッシュウッドインテリアトリムを与えている。  内外装の特別な仕立てのみならず、電子制御によってさまざまな路面でも快適な乗り心地を実現するアダプティブダンピングシステムを標準装備とした。  もう1台は、F1などモータースポーツ活動から得たノウハウを注ぎ込み、パフォーマンスを追求するメルセデスAMGが仕立てたG63がベース。こちらも通常はカタログカラーとして設定のない、マグノダークオリーブグリーンのエクステリアカラーと、ボディカラーと同様にマットカラーでペイントされた22インチのAMGクロススポーク鍛造アルミホイールをセット。  また、サイドスリップやドアミラー、前後スカートなどにブラックのアクセントをプラス。さらに、ヘッドライトやフロントウインカー、リヤコンビネーションランプにブラックスモークを施したナイトパッケージを特別装備とした。  インテリアにもこだわりが詰まっている。チタニウムグレーとブラックの2トーンカラーをあしらった、AMGエクスクルーシブナッパレザーシートをはじめ、随所にナッパレザーを用いた上質空間に仕立てている。エクステリア同様、カタログモデルでは選択できない、ブラックアッシュウッドインテリアトリムとAMGパフォーマンスステアリングを採用している。

WEB CARTOP

【関連記事】