Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高コスパ「iPhone SE」と「iPhone 11」どちらを選ぶ? スペックから性能まで徹底比較

配信

ITmedia Mobile

 テレワークやネットサービスの利用が増える中、iPhoneをより快適に使える最新モデルへ買い替えたいと考えている人は多いはず。 画面サイズの比較  そこで注目を集めているのが、4万円台から買える「iPhone SE(第2世代※以下略)」と、7万円台で買える大画面の「iPhone 11」だ。いずれも10万円以上するハイエンドの「iPhone 11 Pro」と同じ高性能プロセッサ「A13 Bionic」を搭載しており、スマートフォン全体で見ても安価かつ高性能、コストパフォーマンスの高いモデルとなっている。  だがiPhone SEとiPhone 11を比べてみると、価格から画面サイズ、機能面まで大きく異なっており、iPhoneの利用スタイルによってどちらを買うべきかが変わる。そこで、筆者が両モデルとも発売日に自腹購入して利用し続けたレビューをもとに、どちらのモデルを買うべきか見ていこう。

iPhone 11とiPhone SEの基本仕様と価格をチェック

 まずは両モデルの基本仕様と価格だ。販売はドコモ、au、ソフトバンク他、Apple Storeや量販店のSIMロックフリーモデルがあるのだが、ここでは目安としてApple Storeの価格を紹介する。  iPhone 11は6.1型ディスプレイを搭載した、現iPhoneの看板機種だ。大画面でバッテリー持ちがよく、ネット動画やアプリの使いやすさを重視した今どきのモデルとなっている。この他、デュアルカメラや高品質なステレオスピーカーも搭載。生体認証は顔認証のFace IDのみとなる。  価格は税別きで、64GBモデルが7万4800円、128GBモデルが7万9800円、256GBモデルが9万800円。iPhone SEと比べると3万円高いが、そのぶん多くの機能はワンランク上の仕様となっている。このモデルを買う人は動画やアプリの利用や、カメラ撮影の機会が多いと思われるので、128GB以上のモデルを選ぶのが無難だ。  iPhone SEは、iPhone 6からiPhone 8まで引き継がれた4.7型ディスプレイ搭載のスリムな形状や、指紋認証のTouch ID搭載といった基本コンセプトをそのままに、iPhone 11シリーズと同じ最新ハイエンドチップのA13 Bionicを搭載したモデル。税別だと5万円を切る価格も魅力だ。  価格は税別で、64GBモデルが4万4800円、128GBモデルが4万9800円、256GBモデルが6万800円となる。LINEやSNSだけなら64GBモデルでも使えるが、高性能を生かして複数のアプリやゲームも楽しむなら128GBモデル以上を選びたい。  この他、SuicaやiDなどFeliCaを利用した非接触IC決済、防水・防塵(じん)仕様、eSIM対応、ステレオスピーカー内蔵(イヤフォン端子は非搭載)、別売りのUSB-C - LightningケーブルとUSB PD対応充電器による急速充電、ワイヤレス充電対応、これらの機能は両モデルとも搭載している。  次からは、気になる各機能についてより詳しく見ていこう。

【関連記事】