Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「すし力士」が真剣勝負! テレビアニメ化も決定した、アンマサコさんの人気絵本『どすこいすしずもう』シリーズ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
好書好日

寿司と相撲、大好きな要素を詰め込んだ

――おおとろやまにイクラまる、たまごのさとにいかのしん。みんなが大好きなお寿司が力士となって相撲を取る!? 「寿司」と「相撲」というありそうでなかった組み合わせがユニークな絵本『どすこいすしずもう』(講談社)。個性豊かな「すし力士」たちのキャラクターが人気だが、作者のアンマサコさんは「これが最後の絵本になるかも、という気持ちだった」と、製作当初を振り返る。 【写真】『どすこいすしずもう』の中身や、貴重な原画はこちら!  2010年に初めて『タップのゆめ』(講談社)という絵本を出してから、その後も2冊の絵本を手がけました。どの絵本も自分としては思い入れがあったのですが、制作を重ねるごとに「読者に本当に届いているのだろうか」と悩むようになって。アートの世界と違い、絵本は幅広い読者に読まれてこその媒体なのではないか。それには一体どんなものを作ればいいのだろう――ぐるぐると考えているうちに、自分が絵を描くのが好きなのかどうかも、分からなくなってしまった時期がありました。  そんなとき、ふと甦ったのが、ただひたすら楽しんで絵を描いていた小学生時代の記憶。お寿司の絵を厚紙に描いてワッペンにして遊んでいたら、友達から「わたしイカがいいな」「わたしはマグロ!」と、列をなしてリクエストされたことを思い出したんです。一人ずつお好みの寿司ネタを描いて渡すと、どの子も「寿司ワッペン」を胸に付けて大はしゃぎ。やっぱりみんな、お寿司が大好きなんですよね。他にも、寿司をつまみながら、「今日の大一番は大トロ対○○だったな……」なんて考えることがよくあったんですが、そこから「お寿司と相撲を組み合わせたら面白いんじゃないか」とひらめきました。  そんな寿司ブームのなか、擬人化した寿司の絵を描いて個展に出品したところ、デビュー以来ずっと担当してくださっている編集さんが、「これ面白いですね!」と言ってくれたんです。それが絵本の「すし力士」たちの原型ですね。その後、ダメもとで「これ、絵本になりますか?」と、ラフを持っていったら「今までで一番いい!」と、思いのほか好評で。「これがうまくいかなかったら、絵本はやめよう」という覚悟で臨んだことを覚えています。

【関連記事】