Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

寝相が悪いと転落するかも? コロンビアの断崖絶壁の山小屋でスリルを満喫しよう

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

【もぎたて海外仰天ニュース】  高所恐怖症の人には絶対に無理!? コロンビアの断崖絶壁に建てられた山小屋が話題になっている。  米ニュースサイト「オディティー・セントラル」(10月12日付)などによると、この山小屋はコロンビア北西部アベホラルにある標高2500メートルほどの岩山の絶壁に建てられている。写真右下の建物で、見ての通り、木材やワイヤーなどで“装着されている”と言ったほうが正確かもしれない。  地上からの高さは20メートル、その名も「ラ・カーサ・エン・アル・アイレ(空中の家)」。  コロンビア人登山家のニルトン・ロペスさんが、子供の頃から構想していた“夢の山小屋”だそうで、バンジージャンプや谷に張られたワイヤーロープを滑車で滑り降りる「ジップライン」のほか、ワイヤーロープから吊るされたハンモックで降るような星空を眺めながら一夜を過ごすこともできる(写真)。  寝相が悪いと転落する? いえいえ、命綱を着用するので大丈夫!  ユーチューブで「La Casa en el Aire Colombia」で検索すると、この山小屋でエンジョイする人たちの様子を見ることができます。

【関連記事】