Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

TSRが2度目のルマン24時間優勝! ホンダCBR1000RR-Rに初栄冠|Webike×トリックスターが2位

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

最終戦エストリルにチャンピオンの望み繋ぐ

鈴鹿8耐は史上初の中止となったが、こちらも史上初の無観客レースとなったルマン24時間レースでは、F.C.C. TSR Honda Franceがその名を歴史に刻むことになった。ルマンにおけるTSRの優勝は、総合タイトルを獲得した2018年以来となる。昨季王者のカワサキは2位、現在ランキングトップにつけるスズキは3位となった。 【写真×6】各チームの顔ぶれと走行シーン

日本を代表する耐久レースチームとして……F.C.C. TSR Honda France

F.C.C. TSRホンダフランスは日本国籍のチームとして初めて世界耐久選手権のタイトルを獲得したチーム。2017-2018シーズンを締めくくる最終戦・鈴鹿8耐での5位入賞とタイトル獲得は、今も鮮烈な印象を残している。 2018-2019シーズンはトラブルなどから結果はランキング5位だったが、2019-2020シーズンは開幕戦ボルドール24時間レースでのリタイヤからセパン8耐で総合13位、そして今回のルマン24時間レース優勝で再びタイトル争いに名乗りを上げた。 同時にTSRの優勝は、世界選手権におけるホンダCBR1000RR-Rの最初の優勝ということに。ポテンシャルは非常に高いものの、初年度ということでCBR1000RR-Rの戦績は思わしくなかった部分もあるが、ホンダファンには溜飲の下がる思いもあるだろう。 ルマン24時間を制したことで、9月27日に行われるエストリル12時間レース(ポルトガル)には40ポイント差のランキング2位で、チャンピオン獲得に望みを残しながら乗り込むことになる。 ルマン24時間レースで優勝を遂げたF.C.C. TSR Honda Franceは、ジョシュ・フック選手、フレディ・フォーレイ選手、マイク・ディ・メリオ選手のトリオ。

藤井正和さん|F.C.C. TSR Honda Franceチーム総監督

「今回のレースについての思いはさまざまあります。もちろん、今回のル・マンは勝ちたかったレースで、なにより新型CBR1000RR-R FIREBLADE SPのEWC初参戦、初の24時間レース、そして世界初優勝を達成できたことは自負したいと思います。しかし、レースやマシンとは全く異なるコロナ禍、しかもパンデミックという世界的な流行の中で、果たしてレースなんてできるのか?(新型マシンを組み上げてスタートラインに並べ)一体たどり着けるのか? そんなものを乗り越えて自分たちのマシンが組み上げられる喜び、自分たちのマシンでレースができる喜び、チームがこうして集まって一緒になって戦う喜びを、多くの皆さんと分かち合って乗り越えていきたい、そんな思いがとても強く感じられます。皆さん一緒にがんばりましょう」 〈写真〉日本を愛し、鈴鹿を愛する闘将・藤井正和さんはF.C.C. TSR Honda Franceのチーム総監督だ。

【関連記事】