Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日産新型「エクストレイル」はどう進化!? 兄弟車「ローグ」の新旧モデルを比較

配信

くるまのニュース

新型エクストレイルはどうなる!? 兄弟車「ローグ」の進化を検証

 日産「エクストレイル」の北米における兄弟車「ローグ」の新型モデルが、2020年6月15日に世界初公開されました。 【画像】新型エクストレイルが見えた! 兄弟車「ローグ」はどう進化?(34枚)  新型ローグは北米で2020年秋ごろに発売とされていますが、どのような点が進化するのでしょうか。新型モデルと従来モデルを比べてみます。

 新型ローグの外観は、従来モデルよりも丸みが薄れ、運動性能の高さと高級感を兼ね備えたデザインに変更されます。  フローティングルーフやより大型化したVモーショングリルなど、日産を代表するデザイン要素を進化させるとともに、2段構えのLEDヘッドライト類やU字型のボディサイドハイライトなどにより存在感が増しました。  従来モデルのボディサイズは全長4686mm×全幅1839mm×全高1727mmですが、新型は全長4648mm×全幅1839mm×全高1722mmと全長は短く、全高はわずかに低くなっています。  リアのデザインは、ブーメラン型のリアコンビランプが新形状になるとともに、「ROGUE」のロゴがバックドア中央に配置されるなど、これまでのイメージから大きく変わりました。  新型ローグのボディカラーは、5色の2トーンの組み合わせをはじめ、幅広い色の組み合わせが設定されているようです。  内装における変更点は、従来モデルで埋め込み式だったディスプレイが、9.0インチの大型フローティングタッチスクリーンディスプレイになり、先進的な印象になります。  また、12.3インチのデジタルダッシュボードゲージクラスターやローグ初となるヘッドアップディスプレイも装備され、タッチスクリーンディスプレイを含めた3つのハイテクディスプレイにより、ドライバーはさまざまな情報を取得できるようになりました。  さらに、シフトノブが小型化した新デザインになるとともに、走行モードの切り替えボタンも加わっています。  シートはグレードによって異なり、本革シートまたはキルト調セミアニリン本革シートを標準装備し、内装カラーはチャコール、グレー、タンの3色が設定され、上質な室内空間を演出しました。  機能面では、「ニッサンドアインテリジェントキー」を使用して、車両のカギの開閉をおこなうことができるようになります。  これまで前席のドアハンドルにしかなかった解除/施錠のボタンが後席ドアのハンドルにも設置され、後席ドアハンドルのボタンに触れるだけで後席ドアのロックが解除できます  さらに、後席ドアが90度近くまで開くようになり、チャイルドシートなども出し入れがしやすく乗降性が格段に向上しました。  そのほか、前後席シートヒーター、サイドミラーヒーター、ステアリングホイールヒーター、メモリーシートなどを装備しています。

【関連記事】