Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

やっぱり苦手…ロッテに2連敗、ソフトバンクに続いたアンラッキー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-5ロッテ(5日、ペイペイドーム)  1点を追うソフトバンクは9回、一死2塁で代打に川島を起用。暴投で3塁に進み、川島が捉えた打球は二直。三走周東が帰塁できずにダブルプレーで試合を終えた。 【写真】打球を胸に受け、もん絶する武田  先発した武田は1点ビハインドの5回1死一、二塁で中村奨の投手強襲の当たりにグラブを差し出したが当てられず、打球が腹部付近を直撃。苦痛に顔をゆがめながら目の前に転がるボールを拾い上げ、倒れながら一塁に送球しアウトにした。  だが、そのままその場にうずくまり、森山投手コーチやトレーナーに限らず、工藤監督、球審も武田のもとに駆け寄るなど、場内は一時騒然。しばらくして起き上がった武田はトレーナーに腕を抱えられ、顔をしかめて胸部から腹部辺りをさすりながら治療のためベンチ裏に引き揚げた。武田はそのまま降板した。  ソフトバンクはアンラッキーな面も続いて敗れ、今カード2連敗。対戦成績は3勝7敗1分となり、首位に立ちながらもロッテにだけ負け越している。

西日本スポーツ

【関連記事】