Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「絵が好きで、絵が動いているのを見るのが好き」1シーズンで約40作品鑑賞する、ハライチ・岩井勇気の”アニメ愛”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 芸能界きってのアニメ好き、お笑いコンビ・ハライチの岩井勇気。『ハライチ岩井勇気のアニニャン!』(TBSラジオ)、ニコニコ生放送『ハライチ岩井勇気のアニ番』など、アニメに関するトーク番組のMCも多く担当してきた。  今回、ABEMA TIMESでは1シーズンに放送されるほぼすべてのアニメを視聴するという岩井の「アニメ愛」や作品との関わり方について話を聞いた。 ――岩井さんが漫画やアニメにふれはじめたのは、いつごろからですか? 岩井:小学生のころからアニメは好きでしたね。ただ、自分で漫画を買い出して…となったのは中学生ぐらい。そもそも、父親が少年誌系の漫画雑誌をほぼ全部、ほかにも「ヤンマガ」(週刊ヤングマガジン)、「ヤンジャン」(週刊ヤングジャンプ)とかも買っていたんです。家にはたくさん漫画があったので、めっちゃ読んでましたね。 ――今は、アニメと漫画、どちらをメインに楽しまれているのでしょう? 岩井:ほとんどがアニメです。漫画は果てしがないので…。

――アニメはどれぐらいご覧になりますか? 岩井:オンエアされている最新のアニメは、1シーズン約40作品ぐらい。それを、3話ぐらいまでは全作品見るようにしています。そこから見なくなるものもありますが、25作品ぐらいは最終回まで見ています。 ――ジャンル問わず、色々な作品をご覧になるのですね。 岩井:そうですね。結局、ほとんどの作品を見ちゃうんです。つまらないアニメってあまりないので…。 ――お忙しい毎日のなか、それだけの作品をいつ、どうやって見ているんですか? 岩井:夜はずっとアニメを見ています。家にいるときはだいたいアニメを流していますね。最近だと、ABEMAをはじめ、配信サイトで見ることが多いです。地上波は時間が合えば見ます。

――それほど惹きつけられるアニメの魅力とは? 岩井:僕、アニメーションが好きなんです。絵が好きで、絵が動いているのを見るのが好き。だから、台詞がないPVやMVのアニメも見ていて楽しいです。「どう動いているんだろう?」と見るのが好きなんです。 ――今後、漫画やアニメの仕事で挑戦したいこと、関わってみたいことは? 岩井:結局、僕は視聴者なんです。もっとアニメの構造的なところ…「どう動いているか?」をスローやコマ送りで見てみたい、とは思っていますね(笑)。ただ、アニメ作品関連の仕事をするときは、古参のファンの方々と同じ感覚になれるぐらい、作品を見ていくようにはしています。「こういうシーンがあった」とか、全部把握して臨むようにしていますね。 ――本日は楽しいお話をありがとうございました! 撮影:Mayuko Yamaguchi 取材・テキスト:仲川僚子

【関連記事】