Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

楽天ロメロ11発、鷹モイネロ&西武ギャレットら奮闘 12球団助っ人事情は?【パ編】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Full-Count

ロメロは打率3割を超え、好調なチームを支える

 新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れで開幕を迎えたプロ野球。7月10日からは上限を設けた上で、ファンをスタンドに入れる有観客試合も再開された。すでに開幕から約1か月半が経過し、セ・リーグは巨人、パ・リーグはソフトバンクが首位に立っている。 【動画】「審判ナイス」「ナイスジャッジ」と称賛 楽天太田が振ってないのに空振り三振に倒れた実際の映像  開幕から1か月半ほどが経過し、各球団が35試合超を消化した。今季は外国人枠が5人に増やされ、戦略にも幅が広がる。ここまで好調なチーム、波に乗れないチームと様々ではあるが、ここでは各球団の外国人の働きぶりに注目。現在の活躍度合いを診断してみたい。今回はパ・リーグ編だ。 【ソフトバンク】 モイネロ 20試合0勝0敗1S15H 0.95 ムーア 2試合0勝1敗0S0H 4.50 バンデンハーク 4試合1勝2敗0S0H 7.29 ※バレンティン 124打数23安打7本塁打19打点 .185 出.290 1軍未出場:デスパイネ、グラシアル、サファテ、スチュワート  バレンティンは外国人枠から外れて日本人扱いであるものの、7人の助っ人を抱える首位のソフトバンク。だが、ここまでの助っ人たちの働きはやや物足りないか。モイネロはリーグトップの15ホールドと奮闘しているが、ムーアとバンデンハークは故障により登録抹消。バレンティンもまだ打率1割台と苦しんでいる。来日が遅れていたデスパイネとグラシアルの復帰は早くても、8月中旬から下旬となりそうだ。 【楽天】 シャギワ 17試合0勝2敗1S3H 3.77 ブセニッツ 15試合1勝0敗2S8H 0.63 宋家豪 13試合0勝1敗0S3H 4.30 ロメロ 122打数41安打11本塁打26打点 .336 出.401 ブラッシュ 105打数26安打2本塁打15打点 .248 出.386  開幕から好発進した2位の楽天。現在のチーム状態は助っ人たちの働きも欠かせない。新助っ人のシャギワとブセニッツは勝ちパターンの一角として好投を続けてきた。シャギワの成績は下降気味だが、ブセニッツはまだ1失点しかしていない。オリックスから加入したロメロは打率.336、11本塁打と結果を残している。ブラッシュは打率は.248と高くないが、出塁率が.386をマークしており、その貢献度は見逃せない。

【関連記事】