Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

3日目を終えて首位と5打差は過去最少 4位Tの松山英樹、全米OP制覇への好材料

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ゴルフ情報ALBA.Net

<全米オープン 3日目◇19日◇ウィングド・フットGC(米国ニューヨーク州)◇7477ヤード・パー70> ぶ厚いインパクトとはまさにコレのこと 松山英樹のスイング特集【動画】 松山英樹が難関ウィングド・フットGCで粘りの「70」をマークし、トータルイーブンパー、首位と5打差の4位タイで最終日に入る。 ムービングデーは文字通り、スコアが大きく動いた。スタートからバーディを奪い、その後は2連続ボギー。ところがそこから3連続バーディ、そしてボギー。7番までにパーが一つもないプレーが展開された。 そこからは4連続パーで落ち着くと、12番でバーディ。パーを1つ挟んで14番でも再びバーディと、この時点で数少ないアンダーパープレーヤーとして首位を追った。ところが15番で3パットのボギーを叩くと、17番ではラフを渡り歩いてダブルボギー。スタート時のスコアに戻し18ホールを終えた。 本大会は2013年の初出場から8年連続で戦ってきた。最高成績は17年大会の2位タイ。青木功に並ぶ最高成績をマークしたのは記憶に新しい。このときの松山は、3日目を終えて首位と6打差の14位タイ。最終日は「66」をマークして、メジャー自己ベストに食い込んだ。 これまでの戦績を見ると、16年の予選落ちを除き、3日目終了時の最高成績はその14位タイだった。今回は3日目を終えて、それを上回る5打差の4位タイ。17年はバーディ合戦で、ブルックス・ケプカ(米国)がさらにスコアを伸ばしたため追いつくことはできなかったが、今回は3日目を終えてアンダーパーがわずか3人のガマン比べとあって、何が起きても驚きではない。 予選ラウンドを首位で折り返した18年「マスターズ」覇者のパトリック・リード(米国)は、第3ラウンド前半を1アンダーとしながら、後半に入ると6ボギー・1ダブルボギーの「43」で一気に後退。一歩間違えると果てしなくスコアをロスするのも今年の特徴だ。 首位のマシュー・ウルフ(米国)はツアー2年目で通算1勝。2打差の2位につけるブライソン・デシャンボー(米国)も今季好調とはいえ、4大メジャー制覇の経験はない。松山もメジャー未勝利ではあるが、最終日もこの日と同じように前半からチャージをかければ、一気に上位に追いつくことも十分に可能だ。 肉体、精神、技術のすべてが試される世界一過酷な戦い。日本人男子初のメジャーチャンピオン誕生なるか。絶好の機会を逃す手はない。 【松山英樹、これまでの成績】 ・2013年 首位と11打差で最終Rスタート 最終成績10位タイ ・2014年 首位と12打差で最終Rスタート 最終成績35位タイ ・2015年 首位と7打差で最終Rスタート 最終成績18位タイ ・2016年 予選落ち ・2017年 首位と7打差で最終Rスタート 最終成績2位タイ ・2018年 首位と11打差で最終Rスタート 最終成績16位タイ ・2019年 首位と10打差で最終Rスタート 最終成績21位タイ <ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】