Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

工藤静香、諸星和己やYOSHIKIとの“匂わせ”どころではない大胆すぎる恋愛遍歴

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

 天下の“キムタク”を「とと」と、なんとも軽く呼び捨ててしまう長女・Cocomiをして「偉大」と認める“ビッグ・ママ”──工藤静香と現在の夫である木村拓哉との熱愛が発覚したのは’99年末のこと。 【写真】ヤンキースピリットが宿る!? 小学生で髪にメッシュをいれたKoki,と母・工藤静香

光GENJI・諸星和己との“大胆”交際

「急接近したのは木村の趣味だったサーフィンを静香が始めたから。サーフィン以外にも、ブラックバス釣りにも一緒に何度も出かけていて。“『嵐の素顔』を歌ってた、あの静香が魚釣りをするなんて”と、記者仲間と驚いたのを覚えていますよ」(当時を知るスポーツ紙記者)  その交際発覚から、わずか1年で“できちゃった婚”して日本中が驚いたのは、今さら説明するまでもないだろう。  だが、木村と付き合うまでの静香は“恋多き女”としてマスコミをにぎわせ続けていた。自身に曲を提供していた作曲家・後藤次利との熱愛が報じられた後、乗り換えたのが、夫の“大先輩”光GENJI・諸星和己。当時の諸星は“かぁくん”と呼ばれグループきっての人気者だった。同い年の彼氏との出会いは、10代半ばに遡る。 「当時、諸星はまだジャニーズJr.だったんですが、そのころから静香にゾッコンで。わざわざ彼女が通っていた高校まで行って声をかけたほど。今ならストーカー扱いです」(同・スポーツ紙記者)  ふたりは、ほどなく付き合い始める。もちろん、秘密裡な交際だったのだが……。 「光GENJIファンの間では“静香とデキてる”と、すぐ噂になったんです。というのも、諸星がコンサート中に突然、静香の曲『MUGO・ん…色っぽい』を歌いだしたり、“工藤静香の『抱いてくれたらいいのに』は俺のための歌だ”なんて言い放ったから(苦笑)。何万人という自分のファンの前でですよ!?」(同・スポーツ紙記者)  静香のほうも、大胆な行動に出ていた。 「光GENJIのファーストコンサートをお忍びで鑑賞していたのが、発売されたコンサートビデオに映り込んでいたんです。クールビューティーで売っていた当時の静香がジャニーズアイドルのコンサートに行くなんてね。最近の“匂わせ”なんかとはレベルが違いますよ(苦笑)」(同・スポーツ紙記者)

【関連記事】