Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

錣山親方“引退保留”の阿炎は「自分の前では猫みたいになっている」 自ら再教育

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 日本相撲協会は6日、東京・両国国技館で理事会を開き、コロナ禍の中、7月場所前後に接待を伴う「夜の店」に複数回通っていた幕内阿炎(26)=錣山=の懲戒処分に関して検討し、出場停止3場所と5カ月の報酬減額50%を決めた。調査に対して虚偽証言や同席した幕下の極芯道(錦戸)に口裏合わせを指示するなど悪質と判断された。1日に提出された引退届は協会預かりで引退こそ回避したが、次に不祥事なら即引退。さらに新婚ながら錣山部屋に強制移住し、更生することになった。 【写真】 阿炎、コロナ禍で角界一丸も…夜の交流がバレて強制休場  師匠・錣山親方は理事会でまな弟子に関し、「大人になりきれない子供」と釈明。引退だけは免れた。理事会後、電話取材に応じ「寛大な処置を受けられました」と感謝した。阿炎の様子を問われると「自分の前では猫みたいになっている。『すいません、すいません』と何回も言っている」と謝罪する日々だという。「阿炎は悪い人間ではないけど、お子様で明るいだけではめを外してしまう。気付かなかった自分が全部悪い」と自身の監督下で再教育する。

【関連記事】