Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「高校中退・元ホームレス」コロナ禍でIPOした36歳“型破りIT起業家”の野望…1500人の東南アジアIT人材を日本へ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

企業のソフトウェア開発などを担う、Sun Asterisk(サンアスタリスク)が7月31日、東証マザーズに新規株式公開(IPO)した。公開価格700円に対して初日の終値は1509円。時価総額は547億円となった。同社はベトナム3拠点を含めたアジア6都市に約1500人のエンジニア・プラットフォームを持つのが強みだ。 【全画像をみる】「高校中退・元ホームレス」コロナ禍でIPOした36歳“型破りIT起業家”の野望…1500人の東南アジアIT人材を日本へ 2020年3月には農林中央金庫など複数の投資先から初となる約20億円の資金調達を実施。そこから4カ月でのスピードIPOだ。代表取締役CEOの小林泰平氏(36)に、今後の展望を聞いた。

「企業のスタートアップ」を一気通貫で担う

7月下旬の曇った日、東京・神田にあるひっそりとしたビル群の一角を訪れると、金髪にジャージ姿の小林氏が出迎えた。 オフィスに人気は少なく、1500人の社員数を抱える会社だとは感じられない。 「東京証券取引所の審査ですら、4回のうち3回はビデオ会議だったんですよ。100年変わらなかった歴史が、このコロナの数カ月で大変革した」 新型コロナウイルスが猛威を振るい始めた2020年3月に約20億円の資金調達を実施、そして7月にIPOと、まさに“異例づくし”と言えるSun Asteriskの上場だが、小林氏の肩の力は抜けていた。 Sun Asteriskが目指すのは「企業のスタートアップ(新規事業)をワンストップで担えるインフラ」だ。ベトナムを中心に、東南アジアに置かれた6つの開発拠点を武器に、企業の新規事業開発をサポートする。 例えば、大企業は技術や専門知識を持っている一方で、その資産をどう活かせばいいかがわからないという課題を抱えている。そこで、マーケットを見つけて事業アイデアを出し、開発、サービスグロースまで並走して担うのがSun Asteriskというわけだ。 企業が新規事業を構想するとき、コンサルティングファームやデザイン会社、ソフトウェア開発企業などさまざまな受託先が考えられるが「ぼくたちはワンストップでやっているからどことも共存できるし、どこからでも関わることができる」(小林氏)。 「今はビジネスもデザインもテクノロジーも混ざり合って、分けられない時代。ゼロイチで並走してもらった方が便利なんだ、と分かってもらえた時、ぼくたちの価値が出てくる」

【関連記事】