Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Apple対Epic Gamesバトル、初戦はわずかにEpicに軍配。ただし『フォートナイト』再配信要求は却下

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ギズモード・ジャパン

明日アプデ予定のシーズン4、Appleユーザはどうなる? AppleがEpic Gamesに対し、「2020年8月28日付ですべてのEpicの開発者アカウントを削除し、iOSおよびMac開発ツールへのアクセスを禁止する」と警告した件について、Epic Gamesは先週、一時差止命令を下すよう裁判所に申請しました。 カリフォルニア州北部地区連邦地裁は現地時間の24日、双方の言い分を聞いたうえで、最終的に「『フォートナイト』のApp Store再配信申請は却下、Unreal Engineのアクセス禁止は差し止め」と判断を下しました。 ブルームバーグの記事によると、イボンヌ・ゴンザレス・ロジャーズ判事は、「Epic Games、Appleともに訴訟を起こす自由はあるが、彼らの論争によって多くの傍観者に大混乱をもたらすべきではない」と述べています。 ロジャーズ判事は予備審問の開始前から、「『フォートナイト』とUnreal Engineは切り離して考えている」と宣言していました。つまり、Epic Gamesによる「直接決済方式を認めたうえで『フォートナイト』をApp Storeに復帰させてほしい」という要求は認めないが、AppleによるUnreal Engineの削除は差し止める、ということです。その理由は「Unreal Engineへの措置はEpic Gamesだけでなく、同ゲームエンジンやクロスプラットフォーム開発ツールを利用するすべての開発者に大きな打撃を与えるため」。今回の決断はその意向がそのまま表れた内容となりました。 予備審問自体はAppleとEpic Gamesが互いに熱く語ったり、時に怒りを見せたり、なんというか、エンタテインメント劇場という感じで展開しました。判事の最初の質問を無視してのらりくらり話をするApple側の弁護士が、判事に「おだまりなさい」的にやられるワンシーンもありました。 法廷にはたくさんの法律関係者がいましたが、彼ら全員、予備審問が一般公開されていること、そして多くの人がZoomを通して視聴していることをビンビンに意識していました。ロジャーズ判事も予備審問冒頭、Zoom視聴者向けに時間をとり、Epic Gamesが要求した一時差止命令がどんなものなのかを説明しました。

【関連記事】