Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ネタを作り続けていれば何があっても大丈夫」山里亮太がコロナ禍で感じた“舞台を大切にする”芸人の強さ

配信

ABEMA TIMES

 未だ終わりが見えないコロナ禍において、大きな影響を受けているエンターテイメントの世界。舞台が中止になり、テレビもリモート収録を余儀なくされるなど、お笑い芸人を取り巻く環境も変化している。  様々なバラエティ番組、ラジオ等で活躍する、南海キャンディーズの山里亮太は「この状況だからこそ“舞台が一番”という芸人が強い」と話す。自分に何が出来るのだろう?という恐怖について、芸人が大切にするべき事について、山里が今感じる事とは。 ――新型コロナウィルス感染拡大の影響で、お笑いの世界も大きな変化があったかと思います。 山里:「舞台って良いよね。舞台があってこその自分たちだよね」と思い続けることが出来る芸人が一番幸せだなって、最近本当によく思います。テレビに出始めて色々な場所に呼んでもらうと、生きていく上で舞台に立たなくても良くなるんですよ。それを「舞台に立たなくても食べていけるようになった!」と喜ばしく思ってしまうと、その後にめちゃくちゃ不幸が待っているという。 特にこういったコロナ禍で、色々な事が出来なくなった時に、一番強いのって舞台を大切にしている人達だと思います。何があっても揺らがないし自分達の芸に自信があるから。「舞台が一番」って言い続ける、思い続けるだけで、芸人ってこんなにも豊かでいられるんだなって。 ――なるほど、自分達の芸に自信があれば揺らがない。 山里:僕も、この頃(ABCお笑いグランプリに出ていた頃)は「ネタなんてやらずにTV SHOWのTVスターになって金稼いでやる」って思っていたんですけどね。でも今はそうじゃないんだって気付いたというか。ネタを作り続けていれば、何があっても大丈夫なのが芸人だから。 芸能界というのはいつだって消えてしまう危険性がある世界だから、舞台が一番好きって思い続けられることが、最後まで芸人でいられる大事な所だと思うので。その想いや情熱に仕事ってついてくると思うんですよね。 ――確かに、舞台を一番にしている皆さんはコロナ禍においてもリモートでネタを発表したり、自分のやれる事をどんどんやっていましたよね。 山里:そうそう。ネタを大切にしている芸人には「何も出来なくなる」っていう恐怖が無いんですよね。テレビっていう仕事が出来なくなった時に、自分に何が出来るの?っていう怖さ。それを物ともせず「ネタ出来ます」って思っていろいろな方法で発表していく強さが一番すごいなって思うんです。お客さんの前でネタをするという一番の幸せは、今はなかなか難しいけれど、ネタを作って発表し続けていく事って本当に大切だなと。

【関連記事】