Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Zoomでの見栄えを気にする男性たち。顔用ライトが人気、メイク用品購入も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

オンライン上で自分はどう見られているのか? ネット上のアイデンティティをめぐる「美意識」は、女性よりも男性の方が強いのかもしれない ──。そんな傾向を示すアンケート調査が発表された。 【全画像をみる】Zoomでの見栄えを気にする男性たち。顔用ライトが人気、メイク用品購入も SNAPLACEが行ったアンケート(20代~50代の男女100人が回答)では、オンライン会議やオンラインでのイベントの際、自分の映り方を気にしているかについて意識調査。 アンケートの結果、意外にも「オンライン映え」のために最も多く投資していたのは20代男性で、「オンライン飲み会」などのあらゆる場面で、女性と比べて男性の方が、映りを気にしていることが分かった。

就活生「オンライン映えはマスト」

都内の私立大学3年の男子学生は、「オンライン映え」は就活生にとって、マストだと言い切る。 「オンライン面接では、映り方をものすごく気にしています。暗くて顔がみえないと印象が悪いので、照明用のライトは欠かせません。またマイクはBluetoothでは音質が悪くなるので、あえて有線のイヤホンマイクを使います。 背景に時計などが映り込んでも気が散るので、白い壁の前で面接するようにしています」 前出のアンケートによると「オンライン映えのために何か購入した」と答えたのは、年代・男女別では、20代男性が最も多く5割に上った。 この男子学生のように、20代では就活のために「オンライン映え」を意識する人も多そうだ。

男性の4割以上が「ライト購入」

アンケートによると「オンライン映え」のために買ったものについては、「照明用ライト」(25%)が最も多く、4人に1人が購入したと回答。 男女の内訳をみると、男性では4割以上が「照明用ライト」を買っていたが、女性では2割弱にとどまり、差が開いた。 編集部の記者の一人は、5月に約2000円の照明用ライトを購入した。 「取材する際に、こちらの顔がよく見えた方が相手に安心感を与えられると思って購入しました。オンラインイベントで話す機会もあるので、顔が暗いのは、相手に失礼かなと。ライトを使うようにしたら、顔が明るく見えると好評です。 『オンライン映え』と言うよりも必要経費だと思っているので、会社に購入費用は補助してもらいたいですね」

【関連記事】