Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

タイガー、ミケルソンらと「ビッグ5」と呼ばれた男。今こそ眺めたいレティーフ・グーセンのスウィング【21世紀のレジェンドスウィング】

配信

みんなのゴルフダイジェスト

メジャー2勝、2度の欧州ツアー賞金王と世界で活躍したレティーフ・グーセン。ゴルフ殿堂入りも果たした21世紀のレジェンドのスウィングをプロゴルファー・中村修が改めて注目した。 レティーフ・グーセンのドライバー連続写真

全米オープンを2度制した南アフリカの名手

アーニー・エルスと同じ南アフリカ出身でプロ入りは1990年。2001年には「全米オープン」を制覇し一躍トッププレーヤーの仲間入りを果たしたレティーフ・グーセン。タイガー・ウッズ、エルス、フィル・ミケルソン、ビジェイ・シンとともに、「ビッグ5」と呼ばれ一時代を築きました。 2004年の全米オープンでは最終日のバック9でフィル・ミケルソンとデッドヒートを繰り広げ、最終ホールでダブルボギーをたたいたミケルソンを振り切って2度目の全米オープン優勝を遂げます。 近年はあまり目だった活躍はありませんでしたが、2019年に米シニアツアーで優勝し、健在ぶりをアピールしました。ダウンスウィングで左ひじに余裕があるレジェンドのスウィングを見てみましょう。 画像A(左)を見ると、グリップはオーソドックスなスクェアグリップでボールの位置や立ち方のバランスも非常にオーソドックスなアドレスです。頭の位置はボールより少しだけ右に置いていることで、真上からではなくやや右からボールを見ています。テークバックでわずかに右に重心を移動させ、右の股関節の上に胸を乗せるようにクラブを上げていきます。左腕が地面と平行な位置でクラブが立っていないので手元をやや遠くにワイドに上げていることがわかります。

画像Bでは奥に小さく見える黄色いピンと、左腰の位置関係に注目してみましょう。トップ(左)ではピンがはっきり見えますが、切り返し(右)では左腰がターゲット方向に移動し、ピンと重なっているのがわかります。左へ水平移動することで手元を引き下ろし、クラブをプレーンに乗せているんです。 腰が左へ移動しても、ボールを見る視線は変わっていません。そうすることで頭の位置が残り、左への移動から回転へとスムーズに動きが移行していきます。

【関連記事】