Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

那須どうぶつ王国でライチョウが産卵 環境省のレッドリストに載る絶滅危惧種

配信

ねとらぼ

 那須どうぶつ王国は、同園で飼育しているライチョウが5月24日に産卵したと発表しました。 【画像】ライチョウの卵  産卵したのは、上野動物園から移動したオスと富山市ファミリーパークから移動したメスのペア。卵の数は3個です。 ・オス(3歳) 3月3日上野動物園から同園へ移動 ・メス(1歳) 3月4日富山市ファミリーパークから同園へ移動  ライチョウは環境省のレッドリストに載る絶滅危惧種(IB類)。日本では北アルプスなどの高山帯に分布しており、夏は白・黒・茶色のまだら模様、冬は白い羽になるのが特徴です。  同園で産まれた卵は現在、貯卵器に入っているとのこと。無事に孵化してほしいです。

ねとらぼ

【関連記事】