Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「リクルートの表彰4冠も、コツがわかれば簡単」箕輪厚介も感服!須藤憲司の圧倒的“ハック思考”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
新R25

新R25では、これまで多くの著名人に取材してきました。 しかし一方で、「まだそこまで知られていない逸材」がいるのではないか?という思いも常にあります。 そこで、さまざまなインフルエンサーに、“自分のまわりで、面白いと思う人”を推薦してもらうことに。 今回はどんな「逸メン」が登場するのでしょうか? 人気凄腕編集者の箕輪厚介さん(写真左)が紹介してくれるのは、須藤憲司さん(写真右)。 リクルート時代は4種類ある全社表彰を総ナメにし(在籍時には『R25』にも参画されています!)、史上最年少で執行役員に。その後立ち上げた「Kaizen Platform」社では、国内外500社以上の経営課題解決に取り組んでいる、超優秀ビジネスパーソンです。 須藤さんの著書『ハック思考』発売を機に、須藤さんのすごさについて、箕輪さんが切り込みつつ紹介してくれることになりました。

~はじめに~「ハック思考とは?」

「エレベーターの待ち時間が長い」というクレームに対して、エレベーターを速くするのではなく、「ロビーに鏡をおけば、みんな身だしなみをチェックするから、待ち時間が気にならなくなるはず」という発想の転換を行うこと。 須藤さんの『ハック思考』のなかでは、 1.「クレームが出る理由は、待ち時間が長いからではなく、待たされていると思う時間が長いからなのでは?」と因果関係を疑うこと 2.「ひまつぶしになるものがあればそれを崩せるのでは?」とスキマに介入してハックすること という2ステップをたどれば、誰でも「ハック思考」が身に付けられると解説されています。…それでは、本編をお楽しみください!

スドケンさんのすごいところ1.「テストも会社の表彰もハックしてた」

箕輪さん: スドケンさんを紹介されたとき、「この人の発想はすごく時代に合ってるな」と思ったんですよ。 須藤さん: ありがとうございます(笑)。 箕輪さん: うまくいかないときに努力で突破するんじゃなくて、リーダーが「そもそもなんか違くね?」って発想になれないと、努力がムダになってメンバーを全員殺すことになるって、いろんなプロジェクトに入ってて痛感してたんですよね。 スドケンさんは、昔からそれがわかってたんですか? 須藤さん: そうですねえ。僕、学校の成績めちゃくちゃ悪くて… 箕輪さん: 意外~。 須藤さん: そこで「問題を解けないなら、問題をつくる側になってみればいいんだ!」って考えたんです。 教科書のなかからテストを出すとしたらどういう問題を出すかを考えて、自分でテストをつくってみたんですよ。 そうすると、その問題だけやって丸暗記すればいいから、確実に点が取れる。 そこから「視点を変えれば、物事を解決するのは案外カンタン」って学んだんです。 箕輪さん: すげーなあ。リクルートで「全社表彰四冠」達成したって話も、元リクの人に聞いたら「ありえない! すごすぎる!」って言ってましたよ。 リクルートの優秀な人って、ワックスつけてシャキッとしたスーツ着てるイメージじゃないですか。スドケンさんはこんな雰囲気なのに… めちゃくちゃ大きい成果を出してるのには、どういう秘訣があるんですか? 須藤さん: ああいう表彰も、申し訳ないけど超カンタンですよ。 箕輪さん: ほんと? そんなこと言ったらリクルートのやつ全員『ハック思考』買いますよ。 須藤さん: 人から評価されたければ、その評価の軸に合わせればいいだけなんです。 僕が考えたのは、会社の表彰って単純に数字がよければいいんじゃなくて、みんなに「こんなふうになれよ」ってマネさせたい人を会社が評価して、発表してるわけでしょ。 箕輪さん: ああ~~、なるほど…そこをハックしたんだ! 須藤さん: だから、「今会社はどういうケースが出てきてほしいのか?」を考えるんです。 当時のリクルートだったら、自社のWebサービスがいろいろ出てきてた時期だったんで、そのサービスで得られているデータを使った営業手法を取ってみたんです。 会社はそういう案件を評価したいだろうなって。 箕輪さん: スドケンさん、ほんとすげえこと考えますね。 須藤さん: リクルートの表彰争いなんて、ある意味化け物みたいに優秀な人がたくさん出てくる「天下一武道会」とかメジャーリーグの世界だから、真面目にやってたら勝てるわけないんですよ。 そこでちょっと発想を変えて、「エポックメイキングな仕事をする」っていうのがすごい大事。あとはちょこっと数字つくれば、表彰はイケます。 箕輪さん: なるほどね。戦闘力で戦わないんだ… それで言うと、俺もこの前「ビジネス界隈がみんな『ドラゴンボール』の世界みたいにバトルしてるのに、箕輪さんは1人だけ両津勘吉ですよね」って言われたわ(笑)。 みんな真面目に戦ってるのに、1人だけ一話完結で楽しいことやってるみたいな(笑)。

【関連記事】

最終更新:
新R25