Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「検察は相当な覚悟で進めている」河井克行・案里夫妻の選挙をめぐる疑惑、自民党本部関係者も聴取で捜査大詰めか

配信

ABEMA TIMES

 ついに自民党本部の関係者までもが任意で事情を聞かれる事態に発展している、河井克行・案里夫妻の選挙をめぐる疑惑。 【映像】“巨額資金“なぜ河井陣営に? 党本部関係者も聴取捜査大詰め  発端となったのは、去年夏の参院選で妻・案里参院議員の陣営が、ウグイス嬢に対し規定以上の手当てを支払っていたという疑いだ。今年3月にはこの違法報酬を巡って、案里議員の公設秘書ら3人が逮捕、うち2人が起訴されている。さらに選挙前には自民党本部から案里議員の陣営に1億5000万円もの選挙資金が振り込まれていたことが明らかになっており、検察当局がこの件で自民党本部の関係者を任意で事情聴取したことが明らかとなった。

 また、夫で前法務大臣の克行衆院議員が地元・広島の複数の首長や有力県議に現金を渡した疑いも浮上している。広島・前安芸太田町長は「克行氏が去年4月下旬頃に参院選について触れ、現金20万円が入った封筒を手渡した」と証言。検察は克行議員に任意で事情聴取をおこなっており、立件に向けた捜査を進めているとみられている。   案里議員の公設秘書への判決は来月30日までに言い渡される予定だが、仮に有罪で禁錮以上の刑が確定し、連座制が認められた場合には案里議員の当選が無効になる。連座制とは、候補者や立候補予定者と一定の関係にある者が、買収等の罪に問われ刑に処された場合、たとえ候補者が買収等に関わっていなくても当選が無効となるなどの制度だ。

 29日の『ABEMA Prime』に出演したノンフィクション作家の森功氏は「選挙というのはお金がかかる。ポスターの印刷代もあるし、たくさん選挙活動をすればガソリン代もかかる。ボランティアに出す弁当代も必要だ。資金は色々なところから調達してかき集めることになる。普通の公認料は1500万円だが、それでも足りないくらいかもしれない。しかし今回は、その10倍という額だ。この辺に、政界の思惑、選挙区の特殊な事情が絡んでいると思う。岸田派の溝手顕正さんの他にもう一人出したいということだったが、ちょっと弱いので、“実弾”をぶちこんで選挙をやらせたということだと思う」との見方を示す。

【関連記事】