Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「怒鳴りまくられて“すいませんでした。間違ってました”なんて、そんなやわな議員じゃないから」足立区・白石区議の主張とは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 区議会での発言が非難を浴びている足立区の白石正輝区議(78)。『ABEMA Prime』では、区議本人に電話取材を行った。 【映像】「私の考えを正しく言ったと思っている」白石区議が電話取材で語った主張は  まず、今回の発言は、どのような文脈の中で出てきたものだったのだろうか。白石区議は「LGBTの人たちがどうのこうのということではない」と話す。  「全体の流れは人口減少社会、出生率の低下が将来の日本をダメにしてしまうということが基本。それをだいたい20分くらい喋って、最後の2分ちょっとくらいのところにLGBTの話が出た。足立区がLGBTの教育について割と積極的にやってきていることは認めるが、そちらの方を強調するあまり、普通に子どもを産んで育てることの大切さについての教育が足らないのではないかと。そのことを教育委員会に聞くために言った」。  その上で、問題とされている箇所については「誤解されている部分」があると主張。「LGBTが少子化の直接の原因になるとは一言も言っていない。ごく少数なので、全体の出生率に与える影響はほとんどない」と説明する。

 「私は多分、こう言っている。“こんなことは多分ありえないことだけれども、日本人が皆LとかGになってしまったら次世代は産まれませんよ”と。“そうした時に、日本の人口が日本も足立区も含めて消滅してしまうのではないですか”と。LGBT、要するに性の自由化とか性的マイノリティを助けようとかっていう教育は別にやっちゃいけないとか思っていないし、それはそれでいいだろうけど、同時に子どもを産んで育てることの大切さとか、楽しさをしっかりと教えていかないとえらいことだよと。そういう話だ。それが、“日本人が皆LとかGになったら日本が消滅しちゃう、足立区が消滅しちゃう”って言った話。傷付いたということだけれども、基本的には私もそんなことがあるとは思っていない。あるとは思わないけど、計算上いくとそういうことになるだろうということ。もし本当にあると思ったら、こんなに落ち着いて毎日の社会生活を送っていられない」。  一方、発言への反応について尋ねると、抗議の電話以上に、賛成の電話が多いと明かす。  「30本くらい電話をもらって、そのうち批判する人、怒鳴っているだけの人が2割くらい。あと8割くらいは私に賛成って人だから。賛成って人は名前も名乗ってくれた。でも、反対の人はほとんど“何でお前に名前を名乗る必要があるんだ”と言って名乗りません。私も“名前も分からないような人と電話でやりとりする気はないです”と言って切っちゃう。私の身の回りには、(LGBTに)該当する人がいない。親戚にもいない。そういう意味では、私の知識はマスコミ等を通じた知識しかない。私の知っている実態とあなたの知っている実態が違うなら、教えてもらう以外にないわけだから、実態を理解しないって言うなら、ちゃんと教えてくださいと。ケンカをするために会うのは嫌だけど、ちゃんと冷静に話をする気があるなら、電話を寄越す人にもどうぞ会って話をしましょうと言ってはいる。でも現実にはなんで怒鳴っているのかも分からないような怒鳴り方をするだけ。それでは話し合いにもならない」。

【関連記事】