Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アイデア光る92点 新型コロナ予防の力作も 岩手県発明くふう展・盛岡

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
岩手日日新聞社

 第56回県発明くふう展(県発明協会主催、岩手日日新聞社など後援)は2日、盛岡市の県工業技術センターで始まった。県内の児童生徒や社会人らから寄せられた計92点を紹介。暮らしに役立つ発明品のほか、新型コロナウイルス感染予防を目的とした力作も見られ、来場者の関心を集めている。4日まで。  同展では、県民の優れたアイデアによる発明品を公募。今回は一般部門に23点、学生・生徒・児童の部に69点の応募があった。  このうち学生・生徒・児童の部で最高賞の県教育長賞に輝いた北上市立黒沢尻西小の嶽間澤祈吹君(4年)の発明品は、刃の付いた筒状の装置。ペットボトルをくぐらせるだけでラベルを簡単に切り取ることができ、ごみの分別に役立つ優れものとなっている。  一般部門では、最高賞の東北経済産業局長賞にガラス加工製品の開発・製造業佐原(一関市)の小野愛莉さんが考案した「マスクぴたのん」が選ばれた。マスクが口元に密着しすぎないようにする棒状のクリップで、息苦しさを軽減したり、口紅がマスクに付くのを防いだりできる。  展示時間は午前10時~午後4時。入場無料。

【関連記事】