Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

YouTuberが動画で“家族の他界”を伝える意味を考える

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 人気YouTuberグループ「フィッシャーズ」のサブリーダー・マサイが6月27日、「【報告】お母さんを亡くしました。」と題した動画を投稿した。  マサイはこの動画で、1年前に母親が他界していたことを報告。その理由は、例えばメディアに取材を受け、家族の話題になったときに周囲に気を使わせないためであり、また公表より先にどこかで情報が出て、視聴者を心配させてしまうことを避けるため、という配慮だった。フィッシャーズの活動が多忙を極めるなかで、メンバーにも内緒で、腹膜がんという難病を患った母に寄り添い続けていたという。  筆者がフィッシャーズへのインタビューの機会に恵まれたとき、マサイが発言する前に必ず、ICレコーダーに向かって「マサイです!」と名乗ってくれたことを思い出す。「音源から原稿をまとめるとき、発言者がわかりやすいように」という配慮であり、他のメンバーにも言えることだが、いつでも他人への心配りを忘れない優しさを感じるところだ。母親の他界という、悲しい出来事を伝える動画でも、その真摯な印象は全く変わらなかった。  動画では、母親から「大好きだよ」という全力の一言をもらい、「ありがとう」と返したのが、最後の会話だと明かされた。マサイにとってこの動画は、自分を取り巻く多くの人への配慮であると同時に、母親へのラブレターだったに違いない。  一方で、家族で安心して動画を楽しめるフィッシャーズとは対極の存在とも言える、お騒がせなDJ集団・レペゼン地球のDJふぉいも7月12日、動画で父親の他界を伝えた。  ふぉいの父親は、知る人ぞ知るシンガーソングライター・松本ケンジさん。レペゼン地球のライブにも度々訪れ、認知していたファンも多かったため、急逝を動画で報告することにしたという。  思い出を語りながら、父親の実家がある長崎県へ、お墓参りに行くふぉい。マウンテンデューとタバコをお供えして、「生きとるときにもらって嬉しい花の方がよくない?」と、バラの花を手向ける。品行方正とは言いがたく、どこか危ういが、しかし若者を魅了してやまない“現代のロックスター”のような生き方ーーただ、決して破天荒な振る舞いという印象はなく、「親友のような存在だった」という父親に寄り添うように、努めて穏やかに明るく振舞っているように見えた。 「いい思い出も、悪い思い出も、もう新しい思い出は作れんけん、これまでの思い出を大切に愛でるしかない」  墓前でそう呟いたふぉいは、続けて視聴者に「今のうちに、いっぱい思い出を作れるやつは作っとったほうがいい」と呼びかけた。“レペゼン地球のDJふぉい”というキャラクター上、お涙頂戴にはしない、という意識もあったかもしれないが、「一緒に悪ふざけもした、大好きな親友を笑顔で見送る」という、ピュアな動画に思えた。  インパルスの堤下敦が、「カジサックの部屋」でもおなじみだった母・さ江子さんの死去を伝えたときも、あるいは人気YouTuberグループ・アバンティーズが、家族同然のメンバー・エイジさんが亡くなった水難事故について語ったときもそうだが、こうした動画には、「身内の死を売り物にするのか」という趣旨の心ないコメントが散見される。  動画クリエイターにとって、多くの場合「コンテンツの発表」と「報告」の場が同一になっていることから、YouTubeの動画を「仕事」とだけ捉える人にとっては、ただ同じように「売り物」と見えてしまうのかもしれない。しかし、YouTubeは彼らにとって、仕事である以前にライフワークであり、特に現在のトップYouTuberに関しては、「好きな動画を撮り、視聴者を楽しませていたら結果として仕事になった」というケースが多い。自分にとって大切なことは動画で報告する、というのは自然なことだろう。  もっと言えば、今回取り上げた動画は、「仕事」としても優れたものではないだろうか。YouTubeには若い視聴者が多いことも踏まえると、これから必ず経験する悲しい別れの乗り越え方を、あるいは大切な人との悔いのない付き合い方を、それぞれのクリエイターが実体験を通じて伝えることは、小さくない学びになるに違いない。  ファンにとって「報告動画」はうれしいニュースであってほしいところだが、辛い出来事にこそ、クリエイターの本質が表れる。そのメッセージに耳を傾けたいところだ。

橋川良寛

【関連記事】