Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コンバース・オールスターの特別なモデルを知ってますか?

配信

LEON.JP

1908年に創業したコンバースが、1917年にバスケットシューズとして生み出したローテク系における不朽の名作オールスター。今回は、その歴史を紐解いて・・・いえ、こちらは普通のオールスターじゃないんです。

主戦場はコートでもストリートでもなく、ゴルフ場です

名品企画の常連、コンバースのオールスター。100年越えの歴史を持つ、ローテク系スニーカーにおける世界的なスタンダードモデルです。誕生から現在まで数億足も製造されたという数字が、その証。その魅力を改めて説明する必要はないでしょう。では何故今回ご紹介するのか? それは、普通のオールスターではないからです。 一見すると名作オールスターの顔つきですが、ソールに注目を。実はこれ、ゴルフ用のオールスターなんです。アウトソールをブロックパターンにすることで、芝生の上での高いグリップ力と優れた安定性を実現しているってわけ。しかも、シュータンやライニングにクッション材を内包しているので、履き心地もアップしています。 さらに、お手入れしやすい撥水性のあるシンセティックレザーを使用しているので、これからの梅雨で濡れた芝でも気にせずプレーが可能。 このようにゴルフ用に進化したオールスターですが、最大のポイントは、前述の通り見た目がオールスター顔な点。普段のコーディネートとも相性が良いのは言わずもがなですので、普段着で打ちっぱなしに行くときなんかにも活躍してくれそうですね。

AL STAR GF OX/まるでゴルフ感のないゴルフシューズって新鮮

正式名称は、「オールスター GF OX」。アッパーにはケアのしやすい、シボ入りのシンセティックレザーを採用しています。基本的なデザインはほぼ一緒ですが、シュータンとライニングにはクッション材を入れ、フィット感を向上させています。

通常モデルのとは違い、ゴルフのモデルでは立体的なアウトソールデザインに。よく見ると横方向に力がかかるゴルフシューズらしく、内側と外側の形状を変えてグリップ力を高めています。

カラバリはホワイト、レッド、ブラックの3色。アッパーの素材は、すべてシボ入りのシンセティックレザーです。ベーシックなカラバリとあって、ゴルフ場だけでなく街履きでも活躍してくれます。

最終更新:
LEON.JP