Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『一門 “冴えん師匠”がなぜ強い棋士を育てられたのか?』ほか 『戦後日本、記憶の力学 「継承という断絶」と無難さの政治学』

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊東洋経済

美化される戦争の記憶、その仕組みを緻密に実証評者/福井県立大学名誉教授 中沢孝夫

<2020年9月26日号> 美化される戦争の記憶、その仕組みを緻密に実証 評者/福井県立大学名誉教授 中沢孝夫 死者は生者の記憶の中に存在するが、その記憶は生者に都合よく書き換えられることがよくわかる本だ。特に集団の記憶はそのようだ。戦後75年、戦争の現実を知る人が減り、語り部自体が継承されるようになると、語られる中身の変容を招く。 靖国神社、千鳥ヶ淵、広島、長崎、摩文仁(まぶに)、知覧そして各種の慰霊祭など「記憶の場」の誕生から変容をたどり、かつ映画や小説、各時代の代表的言論を点検しつつ、「記憶の力学」を綿密に実証する。

本文:3,359文字

写真:2
  • (写真:週刊東洋経済)
  • (写真:週刊東洋経済)

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込110
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。