Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ついに出た!小山泰希初段、振り駒で「と金」5枚のコンプリートで視聴者歓喜「本気出しやがった!」/将棋・AbemaTVトーナメント

配信

ABEMA TIMES

 今、将棋界で最も振り駒が注目されているかもしれない奨励会員が、視聴者待望の結果をついに出した。6月27日に放送されたプロ将棋界初の超早指し団体戦「第3回AbemaTVトーナメント」で、三枚堂達也七段(26)と青嶋未来五段(25)が第3局を戦う前、振り駒をした記録係の小山泰希初段が、振り駒で「と金」を5枚出した。これに視聴者は大喜び。通称「と金ボーイ」と呼ばれる小山初段が、またしても注目を集めた。 【動画】と金が5枚のコンプリート!  小山初段は、ABEMAの対局番組でこれまでも記録係に登場。歩を5枚投げる「振り駒」の様子が話題になり「シャカシャカボーイ」「振り駒名人」と呼ばれたこともあるが、1/2の確率で表・裏が出るところを、裏の「と金」割合が多いのでは、という指摘が入り「と金ボーイ」と呼ぶ声も多かった。また、時には駒を立てる離れ業も見せてきた。  今回も入念に5枚の歩をシャカシャカしてから床に投げると、きれいに「と金」が5枚並ぶことに。これには視聴者からも「圧倒的と金!」「本気出しやがった」「パーフェクトと金w」「と金フラッシュw」と、対局並みの盛り上がりとコメントが寄せられていた。 ◆第3回AbemaTVトーナメント  持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行い、1回の対戦は三番勝負。3人1組の12チームが、3チームずつ4つのリーグに分かれて総当たり戦を実施。1対局につき1勝を1ポイント、1敗を-1ポイントとし、トータルポイントの多い上位2チーム、計8チームが決勝トーナメントに進出する。優勝賞金1000万円。 ◆出場チーム&リーダー  豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段、Abemaドリームチーム(羽生善治九段)

【関連記事】