Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『ストレンジャー・シングス』のノア・シュナップが主演 『アーニャは、きっと来る』公開決定

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 映画『アーニャは、きっと来る』が、11月27日より新宿ピカデリーほかにて公開されることが決定。あわせて予告編とポスタービジュアルが公開された。 【写真】ほか場面写真多数  本作は、『戦火の馬』などで知られるイギリスを代表する児童文学作家、マイケル・モーパーゴの傑作『Waiting for Anya(原題)』を映画化したもの。1942年、当時ナチス占領下にあったフランスはピレネー山脈の麓の小さな村で起きた奇跡を描く。  フランス・ピレネー山脈の麓の小さな村に住む13歳の少年・ジョーは、生活の大半を羊飼いとして過ごしていた。ある日、ユダヤ人・ベンジャミンと出会う。彼は、秘密裏にユダヤ人の子どもたちを安全なスペインへ逃がすという危険な計画を企てていた。ジョーはこの計画を手伝うことになる。かたやジョーは個人的な悲しみの感情を共有することで、ドイツ軍の下士官と親しくなっていた。ドイツの労働収容所から帰国したジョーの父親は荒れていたが、ジョーのユダヤ人救出作戦への関与が明らかになると協力を約束する。村人たち一丸となって子どもたちを逃す日が迫ってくるが、ベンジャミンが待つ娘アーニャは来ない。救出作戦は成功するのか、そしてアーニャは村に現れるのか。  主役のジョー役には、Netflixドラマシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のノア・シュナップが抜擢。厳格でありがらも、ジョーを深い愛情で見守る祖父・アンリ役を、『レオン』『グラン・ブルー』『ミッション:インポッシブル』のジャン・レノが務める。さらに、ユダヤ人を救う計画を主導する老女・オルカーダを、『女と男の名誉』でアカデミー賞助演女優賞の受賞歴もある名女優アンジェリカ・ヒューストンが演じる。  公開されたポスタービジュアルでは、ジョーの表情とともに、アーニャを待つベンジャミンやドイツ軍兵士の姿が切り取られている。  予告編では、ピレネー山脈の牧歌的な村に、突如としてナチス軍が押し寄せ、厳しい監視化におかれながらも、決して失敗が許されないユダヤ人の救出作戦を秘密裏に決行しようとするジョーを始めとする村人たちの緊迫した姿が描かれている。

リアルサウンド編集部

【関連記事】