Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

江口洋介のやさぐれ感に歓喜…おじキュンの「真打ち登場」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

 ドラマ界ですっかり定着した「おじキュン現象」。おじさんにキュンキュンするという意味だ。  最近なら、すでに終了した連ドラ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)の大森南朋(48)を筆頭に、「おじさんはカワイイものがお好き。」(読売テレビ・日本テレビ系)の真島秀和(43)あたりか。また、大ヒットドラマ「半沢直樹」(TBS系)に出演していた香川照之(54)も、憎まれ役だったはずが、いつの間にか出演シーンがあるたびに〈可愛い〉〈半沢を好きすぎて、もはやヒロイン〉なんて歓声を一身に集めた。 「そんなおじキュンブームの中、『真打ち登場!』と思わず声をかけたくなるようなドラマが始まりました」と語るのは、ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏だ。  おじキュンを求める視聴者に勧める連ドラとは、9月19日スタートの「天使にリクエストを~人生最後の願い~」(NHK)。“おじキュンの真打ち”とは、主演を務める俳優の江口洋介(52)のこと。江口が演じるのは、元マル暴で現在は探偵となった島田という男。優秀な刑事だったが、ある事件でわが子を失い、妻とも別れ、いまは自堕落な生活を送っているという設定だ。 「『天使に――』での江口さんの熱い演技は、1993年放送の『ひとつ屋根の下』の“あんちゃん”を彷彿させ、抜群の安定感です。島田は熱いけど、荒っぽくってやさぐれ感もある男で、江口さんのやさぐれ演技がまたすごくいいんですよ。〈放っておけないな〉と母性本能をくすぐられてキュンとなる人は多いはず。物語もハラハラして目が離せず、カメラワークや音楽もカッコいい。全5回なのがもったいないほどです」(山下真夏氏)  ネット上の評判も上々で、〈悲しい話なのに、なぜか元気をもらえるドラマ〉〈江口さんの枯れ具合が、カッコよすぎる〉〈白髪さえも似合ってる〉と、かなりキュンキュンしている様子。ドラマの面白さと江口のカッコよさの両方を堪能している声が多い。  江口は9月25日にNHKの「あさイチ」に出演。放送時間中には「江口洋介」の名前が話題ワードにランクインし、ここでも〈白いTシャツが似合う!〉〈おなかがまったく出てなくて、どの角度から撮られても姿勢がいい〉と、変わらぬ江口のスタイルにうっとりと見入るようなコメントが書き込まれた。 「番組中に奥さまの森高千里さんのことを『彼女は』と呼んでいたのが印象的でした。私の周りには奥さんのことを『嫁』呼びする男性しかいないので、すごく新鮮で。森高さんの話を出す時は毎回ちょっと照れた顔になるのが、何か可愛いというか、たまらないんですよね。これまでおじキュンなんて興味のなかった私も、“江口沼”にはハマりそうです」と話すのは、20代の女性芸能ライター。  1987年のデビュー以来、ずっとカッコいいままで第一線を走り続ける江口。50代になっても「えぐっちゃん」と呼びたくなるような、どこかに残る少年っぽさも、魅力のひとつなのかもしれない。

【関連記事】