Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

20~30年落ちでも新車時の「2倍3倍」当たり前! 恐るべき「中古価格」の国産スポーツ車4選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

2000万円超やASKとなっている高額な個体もある!

 お金さえあればだれでも最高のコンディションのものが購入できる新車とは異なり、中古車しか存在しないモデルであれば、時間の経過とともに程度のよい個体は減少してしまう。そのため、人気の高い車種の極上車は中古車市場でも高値で取引され、気づけば新車価格と変わらないか、それ以上のプライスタグをつけるようになってくる。 【写真】10万円台も!激安で強烈に楽しめる国産中古車4台  そこで今回は、そんなプレミア価格となった国産中古車をピックアップ。なかには少し目を離した隙にとんでもない上がり幅を見せたモデルもあって、“あのとき買っておけば……”と思ってしまうこと請け合いだ。

1)日産スカイライン GT-R(R34)

 現時点ではスカイラインが付くGT-Rとしては最終型となるR34型スカイラインGT-R。じつは1999年から2002年と販売期間が短く、総生産台数が1万1000台という点もプレミア価格に拍車をかけているのかもしれない。  そんなR34型スカイラインGT-R、新車時はもっとも高いものでも600万円台だった価格が、ここのところ急騰して1000万円オーバーも珍しくない状態で、なかには2000万円を超えるものもチラホラ見かけるようになっている。むしろ、もっとも安い部類でも600万円台ということで、もはや中古車として新車価格以下で狙えるR34スカイラインGT-Rは存在しないという恐ろしい状況となっているのである。

2)ホンダNSX(初代)

 GT-Rとともに日本を代表するスーパースポーツモデルと言えるNSX。現在は2代目となるモデルが販売中ではあるが、ハイブリッドの4WDとなったことで初代とはキャラクターの異なる方向に進化している。それによってピュアなフィーリングを持つエンジンをミッドシップに搭載し、後輪を駆動する初代モデルに新たな価値を見出すユーザーが増えてきたようだ。  もともと高額で取引されてきたタイプRはすでにASKとなっている個体がほとんどで正確な価格帯すら判別できない状態であるが、タイプR以外のモデルも1500万円を超えるものが珍しくなくなりつつある。当時はどちらかというとナンパなイメージで人気薄だったタルガトップモデルも同様で、とくにMTモデルの値上がりっぷりは顕著となっている。

【関連記事】