Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

感染拡大収束後も…4割が「収入が減った」 半数が「家計を引き締める」 静岡経済研究所調査

配信

静岡朝日テレビ

 節約志向はしばらく続きそうです。新型コロナウイルスの感染拡大が収束した後も消費行動は元に戻らず、家計を引き締める傾向が強くなっていることがわかりました。  静岡経済研究所は静岡県民1030人を対象に、新型コロナの影響を緊急調査しました。その結果、今後、新型コロナ感染拡大が収束した後、家計を引き締めると答えた人は49・5%で、現在の47・2%から2・3ポイント増えました。特に女性の節約志向が高まっています。  感染症流行前と比べて、4割以上の人は収入が減ったと回答し、この傾向は続くとされています。  収束後の趣味や娯楽については、スポーツや遊園地・動物園などの利用を増やすと答えた人が多かったのに対し、コンサートやカラオケなど密集空間で行うものに抵抗感が強い結果となりました。