Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

のん×林遣都が紡ぐ“崖っぷちロマンス”「私をくいとめて」映像初公開 臼田あさ美ら追加キャストも発表

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
映画.com

 [映画.com ニュース]女優・のんが主演し、林遣都と初共演を果たす映画「私をくいとめて」の特報(https://youtu.be/cjFiGQt_ubA)がお披露目され、公開日は12月18日に決定。あわせて、臼田あさ美、片桐はいり、若林拓也が共演していることも発表された。映像では、おひとりさまライフを満喫する31歳の女性が、“脳内の相談役”とともに年下男子との恋に挑む“崖っぷちロマンス”の一端が切り取られている。 【フォトギャラリー】脳内に相談役が“爆誕”した女性を描く「私をくいとめて」  第30回東京国際映画祭のコンペティション部門で観客賞に輝いた「勝手にふるえてろ」に続き、大九明子監督が再び芥川賞作家・綿矢りさ氏の著作を実写映画化。30歳を越え、おひとりさまもすっかり板についてきた黒田みつ子(のん)の脳内には、相談役「A」がいた。人間関係や身の振り方に迷った時は、もうひとりの自分「A」がいつも正しいアンサーをくれる。「A」と一緒に平和なおひとりさまライフがずっと続くと思っていたある日、みつ子は年下の営業マン・多田くん(林)にうっかり恋をしてしまう。  特報では、ひとり焼肉を楽しみ、悠々自適なおひとりさまライフを謳歌するみつ子を活写。しかし、多田くんへの予期せぬ恋に心を乱され、“キャパオーバー”寸前になってしまう。恋に不器用なみつ子と、いつも穏やかに、冷静なアドバイスをくれる「A」との息ぴったりでコミカルなやりとりも必見。ひとりの生活を楽しむ一方で、つい口に出してしまう自虐や、20代の頃のように勇気が出せず、あと一歩のところで彼に近付けないもどかしさなど、共感必至の“あるある”がちりばめられている。大粒の涙をこぼすみつ子の表情が、波乱の展開を予感させる映像となった。  さらに、“大九ワールド”を彩る個性豊かなキャスト陣も明らかに。「美人が婚活してみたら」(大九監督)、「架空OL日記」の臼田が、みつ子が全幅の信頼を寄せるおひとりさまの先輩・ノゾミさんを演じる。バリキャリ女上司・澤田役には、「勝手にふるえてろ」(大九監督)、「蜜蜂と遠雷」の片桐。男性ファッション誌「Men's NON-NO」の専属モデルを務める若林が、唯一無二の存在感を放つ同僚カーター役で映画初主演を果たす。  「私をくいとめて」は、12月18日から全国公開。

【関連記事】