Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キン肉マン40周年!「マッスルドッキング」を超絶再現したフィギュアは鳥肌モノの完成度

配信

&GP

今年で生誕40周年を迎える伝説の人気マンガ『キン肉マン』。数多くの超人が登場し、個性的な必殺技を披露していました。主人公であるキン肉マン(キン肉スグル)にも「キン肉バスター」「キン肉ドライバー」という必殺技がありますが、そのふたつをタッグ戦で同時に決めるという必殺技が「マッスルドッキング」。キン肉マングレートとのコンビで初披露した際には正義超人達から「こんなことが…!!」「物理的に可能なのか」と衝撃を与えました。 【詳細画像・特別カラーバージョンはこちら】 その「マッスルドッキング」の名シーンを完全再現したフィギュアがCCPより発売に。その名も「CCP Muscular Collection NO.48 キン肉マン生誕40周年記念マッスルドッキング」です。キャスト製(13万2000円)とソフビ製(7万2600円)の素材違い、原作カラーと特別カラーのカラーリング違いの計4パターンが発売されます(送料が別途かかります)。2020年5月31日までの期間限定の予約販売の予定です。 キャスト製の「CCP Muscular Collection NO.48 キン肉マン生誕40周年記念マッスルドッキング」は、美術館の造形物で使用されるポリウレタンやポリストーンを使用しています。大型超人ならではのズシリと重い重量と大迫力のサイズ感や、原型に忠実で綿密なディティールの造型とリアルな彩色を再現しています。 漫画のシーンと別アングルから楽しめるのもフィギュアだからこその魅力。どの角度からも迫力満点で、とくにバックから見たときの背筋などの造形美は、フィギュアでしか楽しめません。また一目では分かりにくい「キン肉バスター」と「キン肉ドライバー」の複雑な合体構造もじっくり観察できます。 彩色済みの完成品で、原作に忠実なカラーリングの「原作カラー」とマスクや服装のカラーリングがオリジナルの「特別カラー」の2タイプを用意。表情も微妙に異なっています。 キャスト製は4体セットで高さは約37cm。ソフビ製と異なり別種の頭部が付属。磁石で簡単に付け替えが可能。また、羽根のエフェクトパーツが付属します。 一方、ソフビ(PVC)素材の「CCP Muscular Collection NO.48 キン肉マン生誕40周年記念マッスルドッキング」は素材が軽く、壊れにくいのが特徴です。そのため、気軽に造形を楽しめ、キャスト製に比べ持ち運びしやすく、飾る場所も幅広いとうメリットがあります。 こちらも彩色済みで「原作カラー」と「特別カラー」の2種類があります。フィギュア自体はキャスト製よりも約1.5cm前後全体的に縮小しています。 超絶再現された「マッスルドッキング」を目の当たりにして、怒涛のストーリー展開にワクワクしていたあの頃の興奮を取り戻そう! (C)ゆでたまご

文/&GP

【関連記事】

最終更新:
&GP