Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ゆりやんレトリィバァ、コロナ禍での収録も「支障なくいけています!」<「冗談騎士」インタビュー>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

8月16日(日)放送の「冗談騎士~お笑い第7世代大集合!夏のユニットコントフェス~」(夜6:00-7:55、BSフジ)に、ゆりやんレトリィバァが登場。大阪を拠点に活動する先輩トリオ・なにわスワンキーズとユニットコントを披露する。 【写真を見る】「まつり」がテーマのユニットコントを披露するゆりやんレトリィバァとなにわスワンキーズ 同番組は、次世代を担う若手芸人を発掘するバラエティー。名刺代わりの“最強ネタ”とMCの鈴木おさむが出題するテーマを基に作られたユニットコントを通して、年末に行われる「年またぎ特番」のシード権を獲得できるチームを決める。また今回は、カンニング竹山がゲストで登場し、「売れるためにはどうすればいいか」を熱く講義する。 若手芸人を“発掘”する番組とあって、竹山は、すでに多くの番組に出演するゆりやんについて「出ていいんですか?」と疑問視。そんな中、ゆりやんは他の番組では見せないような真剣な表情で、現在の悩みを打ち明ける。 ほか出演は、すゑひろがりず、東京ホテイソン、はなしょー、マツモトクラブ、レインボー。それぞれ、ななまがり、お見送り芸人しんいち、台風クラブ、コウメ太夫、AMEMIYA、アキラ100%、男性ブランコとユニットを結成する。 収録後、ゆりやんにインタビューを実施。ネタを披露した感想や、StayHome期間のことについても語ってもらった。 ――収録を終えた感想を教えてください。 とても楽しかったです。賞レースとかネタで競うことが、ぞくぞくするのでめっちゃ好きなんですけど、そこに鈴木おさむさんと竹山さんがいらっしゃって、見ていただけたというのがうれしかったです。 ――鈴木さん、竹山さんによる熱い話もありましたが、いかがでしたか? めっちゃ勉強になりました。こういう(売れるためにするべき)ことを直接教えていただく機会って実はないので、あそこまで刺さる話をしていただけた、最高の時間でした。 ■ “かわいがっている”先輩に無理をお願い ――ユニットコントの助っ人に、なにわスワンキーズさんを選んだ理由は? やっぱり仲良しというのがあるんですけど、まず、なにスワさんにお願いする前に、せっかくのユニットという機会なのでどんなことができるかなと考えていて。女性にお願いしたら、よくライブをさせていただいている友近さんとやっていることと似てしまうんじゃないかなと。だから、いつもやっていない感じのことがいいな、じゃあ男性か、人数が多い方が可能性が広がりそうかなと考えていたら、「そうだ、あのかわいがっている先輩がいた!」と思ったんです。 ――かわいがっている? そうなんです。一番かわいがっている先輩なので、二組の味を出すというよりは、こちらの世界に入っていただくという無理をお願いしました。 ――お三方の中で、特にかわいがっていらっしゃる方はどなたですか? 一番、目にかけているのは、こじまラテさんですかね。会うたびに私が「姫!これは!」って言うんですよ。そしたら、ラテさんが「これはこれは、姫!」というのが、あいさつであるんです。全然どっちも姫じゃないんですけど(笑)、普段からそういうふうにやり合っていることが多いです。 ――東京と大阪という距離や、コロナの影響もありましたが、ネタ合わせに十分な時間は取れましたか? それが全然取れなくて。お題をいただいてから本番までの間に一日だけ仕事で大阪に行く機会があったので、その時に時間を合わせてもらって練習しました。 ――リモートで練習をしたりなどは? リモートもせずに一日だけでした。私が1人で考えたネタの中に入ってきてもらうという体験は初めてで緊張していたんですけど、なにスワさんは優しいので、台本をお渡ししたときに笑ってくれて、もめ事なく進みました。 ――今回の収録もトークコーナーではアクリル板など、コロナ対策をした上で行われましたが、この収録形態には慣れましたか? 最初は、リモート収録だったりスタジオで間隔を開けながら喋ったりすることに、「えっ!?」と戸惑っていたんですけど、それが普通になってきた気がします。平和になるのが一番ですけど、逆にそれを生かしたことも、これからできるようになるんじゃないかなと思います。 あと、「リモート収録とかアクリル板があると、“間(ま)”が難しいでしょ?」と言われるんですけど、そんなんなくても普通に間は間違えまくっているので、特に支障なくいけています。 ■ 新たな自分になって新たなスタート ――収録では、StayHome期間中に30kgの減量をされたというお話もされていましたが、この期間、他に新たな挑戦や発見をすることはありましたか? お仕事をさせていただいていると、ありがたいことに家で生活することって、起きて朝ごはんも食べずに「もういいや外で食べよう」とか、家に帰ってきても寝るだけとか。そういうことが普通になっていたんですけど、ずっと家にいて時間しかなかったので“丁寧に生きてみよう”と思って、ちゃんとした時間に布団で寝て起きて、ちゃんとお風呂もお湯をためて漬かっていました。改めて自分を大事にするっていいことやなと思いました。 ――ダイエットの効果にもつながっていそうですね? 前までは不健康だったので…今もまだまだなんですけど(笑)。太っていることで「芸人として、どやねん」という声もあったりするんですけど、キャラクターとして太っていたんじゃなくて、食べ過ぎて太っていただけなんです。でも、「太っていないとできないネタって、実はそんなにないねんな」と思ったので、新たな自分になって新たなスタートというか、新たな部分を皆さんにお届けできるようになりたいなと思います。 ――StayHome期間は、YouTubeも頻繁に更新されていましたね。 YouTubeは、皆さんに、おうちにいる時間を少しでも楽しんでいただきたいと思って始められている方が多いと思うんですけど、私は完全に収益のためにやっています。 ――収益ですか!?(笑) 収益になるほど見られてもいないんですけど(笑)。あれは、芸人としてネタをやる感じとは違って、(収録で)竹山さんもおっしゃっていたように、テレビ以外の自分を出していくやり方やその場所がもっとあるはずという話を聞いて、テレビに出るために自分をプロデュースするじゃないですけど、もっといろんな自分を見てもらって、仕事に誘ってもらえるきっかけの場所になればいいなと思ってやっています。 ――コロナが落ち着いたら、やりたいことはありますか? 下ネタになっちゃうんですけど…実家に帰りたいです。 ――(笑)。 下ネタじゃなくてすみません。お正月に一回帰ってから“NYC”に帰れていなくて…。 ――NYC? ニューヨークシティーじゃなくて、奈良県吉野町(ならけん・よしの・ちょう)です(笑)。もう半年くらい帰っていないので帰りたいですね。 ――最後に、「冗談騎士」の見どころを教えてください。 いろんな芸人さんの“最強ネタ”はもちろん、普段と違うユニットコントで違う一面とか、パワーアップしている感じとかも見られますし、鈴木おさむさんと竹山さんの貴重なお話は、芸人だけじゃなくて、どんな仕事をしている方にとっても、聞けてよかったと思えるありがたい話だと思います。 あとは、感動的なシーンが一個あるんですが、それがどこかというのは、皆さんそれぞれに任せます。(ザテレビジョン)

【関連記事】