Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

立正大淞南 南健司監督【後編】「ベースを教えた上でたくさんの知識を注入してあげる作業が重要」

配信

高校サッカードットコム

 島根県にある立正大淞南。山陰の強豪校の門を叩く生徒たちで、中学時代に世代別代表に選ばれた経歴を持つ者はほとんどいない。しかし、継続的にJクラブや名のある大学に選手を排出している。いかなる指導で選手たちは成長を遂げているのか。前編に続き、チームを率いる南健司監督が明かす指導論に迫る。 【フォトギャラリー】立正大淞南 ――教え込む中で、選手の考える力はいかにして身に付けるべきでしょうか。 大学時代、自分は日本体育大でプレーをしていました。当時の読売クラブ(現・東京ヴェルディ)の下部組織出身の選手がいて、練習でびっくりしたんです。1タッチ以内で行うトレーニングがあったのですが、「意味が分からない」と言い、「自分はボールを受けて、相手を引き付けてからアイデアを出すタイプの選手。相手が来ていない状況でもダイレクトでプレーしないといけないの?」と首を傾げたんです。「ドリブルする時はするし、どんな時も2タッチというのはよく分からない」と。それで僕は「なるほどな」と思いました。その体験は今の指導にも生きています。今日のトレーニングでシュート練習を行ったのですが、フィニッシュの形だけは決めて、そこまでの過程は人によって違うので制限を設けませんでした。全て右足でバックパスするメッシ、全てトップスピードで突破するイニエスタ。武器を考えれば、そのプレーが求められていないのは分かりますよね。遠藤保仁選手も全てトップスピードで相手に突っ込むプレーはしません。岡崎慎司選手も中盤に降りて球を裁く働きは求められていません。彼はゴール前を突っ込むのが武器なので、そういうプレーが評価されているわけですよね。選手に考えさせる際、教え過ぎるという言葉がよくないと思うんです。サッカーは状況によって変わるので、ベースを教えた上でたくさんの知識を注入してあげる作業が重要なんです。 ――色んな知識を注入した上で、選手に選択させることが大切なんですね。 そうですね。やっぱり、教えなければ、プレーの選択はできません。なので、教えることが大切です。また、指導者も教える作業はワクワクするんです。以前、中学校などで講演会を行う機会がありました。「プレゼント精神」というテーマでよく話をさせてもらったのですが、サプライズで誰かに何かをプレゼントする際は渡す側も楽しいんです。それと一緒だと思うんです。逆に「どんなプレゼントをしてくれるんだろう」と楽しみに待っている人はいませんから。あと、自分が大切にしているのは、次の世代に繋げる作業です。選手たちに頻繁に言うのですが、「インタビューを聞いた小学生と中学生がうちにきたいと思うか、次の世代に残るかどうかを考えて話しなさい」と言っています。2012年の高校サッカー選手権3回戦で旭川実と対戦し、PK戦を3-0で制しました。その際にGK添谷舞樹がPK戦で相手のシュートを2本止めて、その後のヒーローインタビューで「南先生に飛ぶ方向を全部教えてもらい、勝つことができたので良かったです」と言ったんです。その添谷の発言がチームにそういうイメージを作ってくれたんですね。色んな意見がありますが、青森山田が強いのは毎回挨拶の仕方や立ち振る舞いは同じだからです。チームのカラーを作って、次に繋ぐ作業も大切なんですよね。

【関連記事】