Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

淡路島に120メートルの等身大ゴジラが登場、ジップラインやシューティングで世界観体験、パソナグループも運営で

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
トラベルボイス

パソナグループが運営するニジゲンノモリが2020年10月10日、兵庫県の淡路島に、ゴジラの迫力を体感できるエンターテインメントアトラクション「ゴジラ迎撃作戦 ~国立ゴジラ淡路島研究センター~」をオープンした。 全長約120メートルの等身大「ゴジラ」が淡路島に登場。アトラクション参加者は国立ゴジラ淡路町研究センターの一員となる趣向で、ゴジラの世界観を体感しながらジップラインやシューティングアトラクションなどが楽しめる。 場所は兵庫県立淡路島公園アニメパーク「ニンゲンノモリ」内。淡路島に現れたゴジラに対して繰り広げられるアトラクション映像、ゴジラを警戒監視するジップラインアトラクションのほか、シューティング、ミュージアム、ゴジラをイメージした食事メニューも提供する。利用料金は12歳以上の大人が3800円、5~11歳の子どもが2200円。

トラベルボイス編集部

【関連記事】