Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

接触確認アプリiOS版アップデート。表示不具合修正など

配信

Impress Watch

厚生労働省は30日、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」の修正版(iOS)の配布を開始した。利用開始日の表示不具合などを修正している。なおAndroid版は近日中に配布予定。 修正版のバージョンは1.1.1。 主なアップデート内容は以下の通り。 ・利用開始日が今日の日付で表示されていたが、これを修正。アップデートの前に最後にアプリを起動してホーム画面を表示した日付を起点として日付が更新されないようにした。アップデート前の接触に関する記録は、端末内で14日前まで保持されている ・新型コロナウイルス感染症の陽性者が、新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理システム(HER-SYS)から発行されていない処理番号を、陽性者の登録画面に入力した場合に「完了しました」という表示が出る場合があったが、出ないよう修正。なお、処理番号は現在は発行していないため、陽性者との接触の可能性の通知はされていない ・「アプリに関するお問い合わせ」のリンク先について、新型コロナウイルス接触確認アプリのホームページと利用者向けQ&Aを案内するようにした ・Bluetoothおよび接触の通知のオンとオフの設定について、APIの仕様の変更によって、スマートフォンの設定で行なう仕組みとなったため、アプリの設定の表示から、Bluetoothおよび接触の通知のオンとオフの設定の表示を削除 ・利用規約に同意後、アプリを終了すると、プライバシーポリシーに同意しなくても、アプリの利用を開始できるような場合があったため、修正 接触確認アプリのダウンロード数は6月29日17時時点で約472万件(iOS/Android含む)。6月19日の公開から1カ月間は試行版のため、引き続き、デザイン・機能などの修正を予定している。

Impress Watch,臼田勤哉

【関連記事】