Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マスク着用が熱中症のリスクに…夏場に向けて「コロナ感染」から身を守る行動とは?

配信

TOKYO FM+

住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「Blue Ocean」では、毎週火曜に、新型コロナウイルスと最前線で戦う医療現場の「リアルな現状や課題」を情報発信するべく、在京民放ラジオ放送局5社連携でスタートした共同プロジェクト「#医療現場を応援」と連動したコーナーをお届けしています。 6月2日(火)の放送では、医療法人社団永生会 南多摩病院 院長の益子邦洋(ましこ・くにひろ)さんに生電話でお話を伺いました。

◆感染の危険も…“我々がやらなくては!”

住吉:益子先生は、テレビドラマなどで多くの人が知ることになったドクターヘリの仕組みを日本で作り上げた“救急医療のスペシャリスト”と伺っていますが、今回の新型コロナウイルスの治療についても、最前線でご対応されているんですよね? 益子:はい、そうです。 住吉:いつごろから、本格的な対応となったのでしょうか? 益子:当院では、1月15日(水)に我が国初の新型コロナ感染患者が確認されたので、直ちに職員に対して、感染防護具の着脱訓練をおこないました。1月30日(木)には、中国・武漢市からの緊急帰国者への医療支援をおこない、2月3日(月)に帰国者・接触者外来を設置し、2月11日(火・祝)~13日(木)にかけ、大型クルーズ船への医療支援をおこなうとともに、感染患者の受け入れを開始しました。 そして、3月9日(月)には、帰国者・接触者外来を発熱外来に名称を変更して、積極的にPCR検査をおこない、陽性者を早期の入院治療につなげてきました。 住吉:現場の医師の方々、看護師の方々もかなり迅速に対応されてきたようですが、そうした行動とともにさまざまな葛藤や悩みがあったのではないでしょうか? 益子:もちろん感染の危険と背中合わせの仕事ですので、最前線で働く医師、看護師、その他の医療従事者には、恐怖や葛藤がありました。でも、当院は東京都の感染症診療協力医療機関なので、“我々がやらなくては!”という思いで、スタッフとともに必死に対応してきたのが実情です。

【関連記事】