Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

海保「尖閣専従部隊」vs中国海警、決死の海上ルポ@石垣島!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週プレNEWS

お盆明けに予想されていた中国漁船団の襲来はなかったが、尖閣諸島周辺では近年、中国海警局の公船による領海侵犯が続き、沖縄県の石垣島に基地を置く海上保安庁の「専従部隊」が日々、ギリギリの対応を迫られている。 【写真】海保の尖閣専従部隊 海保の活動を長年取材するフォトジャーナリストの柿谷哲也氏が、自前の組立式シーカヤックを現地に持ち込み、この部隊の活動に迫った! ■尖閣専従部隊は24時間体制で出撃 離島向けフェリーが発着する石垣島西岸の石垣港から、北に約5㎞の海岸。カヤックを組み立て、アイスボックス内の水と氷、食料のパン、カロリーメイト、ビーフジャーキーの量を確認する。万が一、漂流したらこれだけが頼りだ。撮影装備の最終動作確認をして海に漕(こ)ぎ出す。 この辺りは海流が速い。週プレ編集部から「海流図です」とURLが送られてきたウェブページの表題は「石垣島で行う海洋散骨葬」。 「『死んで骨になるまで頑張れ』ですか?」 いつも電話の長い担当者に対し、私はつぶやいた。 * * * 中国が設定した東シナ海の禁漁期間が明ける8月16日、尖閣(せんかく)諸島周辺に大量の中国漁船が押し寄せるとの予測があった。しかし、中国当局は自国漁民に対して自制を促し、大量襲来に対応するはずだった宮古島の海上保安庁部隊(と、その様子を取材しようと現地に飛んだ筆者)は肩透かしを食らった。 ただ、続いて8月18日夕方に訪れた石垣島の「尖閣領海警備専従部隊」は様子が違った。昨年4月以降、1年以上にわたりほぼ毎日、尖閣周辺で接続水域への入域や領海侵犯を繰り返している中国海警局(日本の海保に当たる人民解放軍の傘下組織)の公船に対応し続けている部隊だ。 石垣島の新基地は、この部隊のために2018年に完成した。埠頭(ふとう)の手前には、窓とシャッターがすべて閉じられた無機質な2階建てのコンクリート建物。表札や案内板は何もない。この重々しい雰囲気は、関西国際空港に駐屯(ちゅうとん)する海保の切り札、SST(特殊警備隊)の基地に似ている。

【関連記事】