Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

神戸、大好評の25周年記念ユニにブラジルメディア反応 「イニエスタのチームが…」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Football ZONE web

1995~2004年に採用していた白黒のストライプが25周年記念ユニフォームで復活

 ヴィッセル神戸は、5日に25周年記念ユニフォームの販売決定を発表した。現クラブ名でスタートした当初の白黒ストライプ仕様の“復活”にファンも歓喜するなど好評だが、ブラジルメディアは元日本代表MF本田圭佑が所属するボタフォゴのユニフォームに「似ている」と報じている。 【写真】“白黒ヴィッセル”が復活! 神戸、25周年記念の白黒ストライプユニフォーム  ヴィッセル神戸は1995年1月に始動し、97年からJリーグに加盟。現在ではクリムゾンレッドがチームカラーとして定着しているが、2004年までは白黒のストライプを採用していた。  今回、25周年を記念して数量限定でユニフォームの販売が決定。神戸は特設サイトで「25周年を迎えた2020年元日に初のタイトルを手にし、ヴィッセル神戸は26年目の歩みを始めました。改めて、これまでクラブに関わっていただいたすべての方への感謝の意を表し、この先の未来も共に手を取り合い、一致団結して新たなる栄光に向かって前進し続ける『Kobe Forever Forward』の想いをこの25周年記念ユニフォームに込めました」とコンセプトを説明していた。  白黒ストライプの復活にファンも歓喜するなか、ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」は「日本のイニエスタのチーム、ヴィッセル神戸がボタフォゴに似た新しいユニフォームを発売」との見出しで限定ユニフォームに着目している。 「アタッカーのホンダと契約し、日本サッカーとのつながりを築いたボタフォゴの着用していたシャツに似ている。これはグロリオーソ(ボタフォゴの愛称)へのオマージュではなく、1995~2004年まで白黒のユニフォームを着ていたヴィッセル神戸の25周年を記念している」  海外メディアも神戸の25周年記念ユニフォームに熱視線を送っていた。

Football ZONE web編集部

【関連記事】